貧困女子が貧困を抜け出す方法

スポンサードリンク

日本では、働いている男女を比較すると、女性は男性の80%ほどの給与しか得ていません。また、女性は出産などがある関係で、正社員になる機会なども限られており、独身女性の3分の1が貧困状態にあると言われています。

手取りが10数万円だと、都会の1人暮らしはギリギリの状態となります。手取りが20万円を超えていても、贅沢をする事が出来るレベルではないでしょう。いつまでも貧困状態を続ける事を選択せず、貧困から抜け出す方法を模索する事が必要です。

 
日本企業は女性に仕事を振らない
 
日本企業の多くは、今でも女性が出産の為に「いずれ辞める」と考え、女性に高度な能力を身につける仕事を振ろうとしていません。高卒女性の方が大卒よりも就職に有利であったり、大卒なのに高卒と同じぐらいの仕事しかさせて貰えない場合もあります。また、逆に高学歴を保有して高度な能力を振られた女性は、男性と同じパワーで仕事をこなす事が心身共に大きな負担に耐える必要が出てきます。
 
貧困のデメリット
 
貧困のデメリットは、単にお金がなくて生活が不自由するという事だけではありません。女性が貧困に陥ると、ファッションや化粧品などにお金を使えなくなって、女性の魅力を十分に引き出せなくなります。また、お金を使わないように出歩く機会が減るので、異性と出会う機会も減少する事が考えられます。

 
貧困を脱却する為に
 
貧困を脱却する為には、現在の状況を変えたいという強い意志が必要になります。何もせずに神様が手をさしのべてくれる事は考えられません。自分で貧困脱却の強い意思を持って計画的に貧困脱却への道筋を立てましょう。
 
・正社員を探せは嘘
 
テレビなどでは、「正社員になる道を探す」と話していたりしますが、今時の正社員は、かつての正社員とは状況が異なります。正社員とは名ばかりの「名ばかり正社員」が多くて、実態は非正規雇用とほとんど給与が変わらないという事も良くあります。
 
正社員になったのに収入がそれほど増えなかったり、生活が変化ないのでは貧困は抜け出せません。「正社員を探す」という頭脳は停止して、非正規雇用でも何でも、「自分の自由に使えるお金が今よりも増える方法」を考えるべきでしょう。
 
・最初に貯金が必要
 
貧困を脱却するためには、最初に一定のお金を貯めていく必要があります。貯蓄が全くないと貧困脱却どころか何をするにも余裕がなくなってしまうからです。貯蓄をする為に重要なのは、手取りから家賃など生活固定費を引いた「自由に使えるお金」を増やす事です。自由に使えるお金が増やして、計画的に数十万円以上の貯金を作りましょう。
 
・家賃を安くする
 
東京、大阪などの都会では、毎月の不動産が高くてお金が貯まらない人が多いです。結果として手取りの半分が賃料に消えてしまいます。家賃を安くする方法を考えましょう。家賃を安く出来れば、生活に少し余裕が出る可能性があります。
 
最初に実家が田舎にあれば、実家のある場所に帰る事を検討しましょう。もしかすると、都会よりも暮らしが向上する可能性があります。次に、都会で安全面を考えてもオススメなのは、女性限定のシェアハウス(水周り共同)で、ネット付きで4万円ほどで借りる事も可能です。最近では、清潔感がある新築のシェアハウスなども増えています。
 
・副業を行う
 
収入が少ない現状を考えると、収入を増やす事を考えなくてはいけません。時間がなくて外で複数の仕事を持てない場合には、インターネットの内職も検討しましょう。例えば、記事を書いて収入を得る「ウェブライター」など気楽に出来る副業はいくつかあります。副業を行うことで、収入を増やす事を考えましょう。
 
・結婚相手を探す
 
貧困女子を脱却する方法として、結婚相手を探すという事もあります。多くの場合には、収入が高い男性ほど、生活に余裕のありそうな女性(化粧・ファッションなど)を選ぶ傾向があります。貧困女子は、生活に余裕のない男性を選ぶ事で「貧困の継続」の可能性はありますが、幸せに感じる気持ちは増加するかもしれません。
 
おわりに
 
女性が高校・大学を卒業した会社を辞めて職がなければ、誰もが「貧困女子」になる可能性を抱えています。貧困女子から脱却するのは簡単な事ではありませんが、自分の状況を真剣に考えて、計画的に何か行動を起こして行く事が大切になるでしょう。
評価: 
Average: 2.8 (11 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
タグ: