仕事をしながら外国語を上達させる方法

スポンサードリンク

日本は島国なので、語学を上手に扱うのは苦手な人が多いと言われています。「英語が上手に話せたらいいのに」「中国に旅行に行く時に中国語が話せたら」と思う人は多いと思います。しかし、語学を上達させたいと思っても、仕事が忙しいと上達させるのはなかなか難しいと感じている人は多いと思います。そのような人は、どのように語学を上達させると良いのでしょうか?



先ずは目標を決める

最初に自分に無理の無い語学の目標を決める事がとても大切です。例えば、英語検定を受けたいと試験に備えるのか、それとも旅行に行った時に現地の人に話しかけられるようになりたいのかという目標を最初に決めておきます。語学力を上達させるには長い期間が必要とされており、常に自分の目標と照らし合わせて、少しずつ上達しているという事を実感しながら学習を進める必要があります。

参考書を1冊だけ購入する

語学の勉強の為に、1冊だけ自分の学習しちえる外国語の参考書を購入して、それを徹底的に暗記しましょう。1冊を3ヶ月から6ヶ月ぐらいかけてじっくり何度も取り組むべきです。大事なのは1冊の内容を中途半端にせずに、しっかりと暗記してしまうという事です。語学の学習というのは、正確に扱えるようになるには暗記が一番と言われています。徹底して1つの参考書を極める事によって、自分に自信を持てるようになりますし、語学力も確実に向上できます。

学習用のノートを購入する

語学の学習を進めていると、分からない単語であったり、文章などが沢山出てくることでしょう。そのような単語や文章を放置しておいたままでは、上達する事はありません。1度出てきた単語や文章は、何度も見直すようにして、覚えてしまうというのが語学力上達の近道になると思います。ポイントは、同じノートを何度も見直して、自分の分からない部分だけを覚えるようにしていくという事です。地道な作業にはなりますが、単語量、文章量が増えて確実な上達を見込める方法です。

インターネットのリスニングを毎日聞く

NHKワールドBBC World News(イギリス系)、CNN(アメリカ系)など、外国語を無料でリスニング出来る番組というのが数多くあります。このような番組を毎日1年間聴き続けると、リスニングの能力というものが飛躍的に向上します。また、時事ネタの単語にも強くなるので、外国語で会話する時にも強くなります。仕事が忙しい中でも、必ず10分から30分程度はインターネットニュースなどのリスニングに時間を費やすようにしましょう。

評価: 
Average: 5 (1 vote)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image