自分の歯を綺麗に保つ方法

スポンサードリンク

歯というのは、人間が栄養を取るのに無くてはならない非常に大切なものです。年齢を重ねるごとに歯を維持する事は大変になります。そこで自分の歯を出来る限り綺麗に維持する方法を調べてみましたので、参考にしてみて下さい。基本的な事ではありますが、実践する事によって歯の健康を保っていくことが出来ると思います。



食後はすぐに歯を磨く

人間が食事をすると、5分後にはばい菌の増殖がはじまると言われています。つまり、食後5分以内に歯磨きをして、その菌を増やさないようにするのが非常に効果的という事です。食後すぐに席を立つのは難しいかもしれませんが、トイレなどで歯磨きを奥歯に当てて少し動かすだけでも汚れはだいぶ取れます。食後に時間が無い場合でも、ほんの30秒ほどの歯磨きでもやらないよりは随分と良いと言われていますので、食後の歯磨きを習慣付けるようにしましょう。

定期クリーニングに通う

特に30歳を過ぎると、体の抵抗力というのは誰しもが落ちてしまうものです。虫歯菌に対する抵抗力も落ち始めるので、年齢を重ねるごとに虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。そこで重要になってくるのが定期クリーニングです。30歳を過ぎたら3ヶ月に1度の定期クリーニングを行うようにしましょう。忙しい方であったとしても、最低でも6ヶ月に1度の定期クリーニングを行うべきです。定期クリーニングと同時に虫歯のチェックを行っていければ、虫歯が深刻になる前に治療できて費用も安い上に歯も良い状態に保てます。

甘い物の飲食を控える

スィーツなどを間食する事は、歯を溶かす原因ともなりますので、出来る限り甘いものを控える事は歯に良い影響を与えます。例えば、コーラ、炭酸飲料などの糖分が多いものを飲んだ後に歯を磨かずに放置していると、そのまま虫歯に進行してしまう事があります。生活習慣病とも言われている「虫歯」ですので、生活を見直す事によって虫歯になりづらくなります。

このような努力をする事によって、歯を清潔に保つ事が出来ます。歯は、意識して綺麗に保たなければ、年齢を重ねていくごとにどんどん悪くなっていくものです。年齢を重ねれば重ねるほどに歯の美容に気を使っていきたいですね。
 



評価: 
Average: 4 (2 votes)

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
タグ: 
スポンサードリンク

Facebookで確実に出会いがあります。