東京・成田空港沖縄・那覇空港にLCCを使って激安旅行する方法

スポンサードリンク
2012年は、日本に出数多くの格安航空会社(LCC)が就航して、LCC元年と呼ばれました。それから1年ほどして、関西空港を拠点にして業績好調のピーチと、成田空港を拠点にして業績不振のエアアジアやジェットスターなど明暗が分かれています。LCCの現状についてまとめました。

 
LCCを使えば1万円以下で往復できる
 
東京・成田空港から沖縄・那覇空港に就航しているLCCと言えば、ジェットスター・ジャパンとバニラ・エアです。LCCを利用している年齢層は、20代~30代ぐらいが最も多いようですが、最近は仕事を引退した『60代以上のシニア世代』の利用も増えているそうです。
 
基本的にバニラ・エアを利用する
 
基本的には、ジェットスター・ジャパンよりも、バニラ・エアの方が料金が安い事が多いです。1000円ほどバニラ・エアの方が安くなっている事が多いので、バニラ・エアを選ばない理由はないでしょう。1年中を通して片道5000円以下のチケットが売り出されており、安い日程とマッチする事ができれば、1万円以下で沖縄・那覇空港と往復チケットをゲットできます。
 
価格が日付けによって大きく異なる
 
LCCの場合にも、他の航空会社と同じように、日によって航空券の価格が大きく異なります。航空チケットの安さと、自分の日程を考慮して、航空券を購入する必要があるという事でもあります。LCCが最も安くなる時には、片道4000円で沖縄・那覇空港まで行けますが、高いところで20000円ほどになって、JALやANAと変わらないような価格になる事もあるので注意しましょう。
 
早めに予約した方が良い場合が多い
 
基本的には、航空チケットを早めに予約した方が安い事が多いです。LCCの欠点としては、安いチケットが限定されて販売されているので、早めに予約しないと、安いチケットが埋まってしまう可能性があります。出来れば1ヶ月以上前に予約すれば、安いチケットをゲットできる可能性が高まります。

沖縄への旅行なら楽天トラベル

 
ジェット・スターの導入する『最低価格保証』
 
ジェットスター・ジャパンに関して言えば、『最低価格保証』を適用している事は注目すべきでしょう。『最低価格保証』とは、同じ時間帯に他社運賃の方が低い場合には、電話をする事で、他社の低い運賃よりも10%ほど安くしてくれるというものです。
 
ジェット・スターコールセンター連絡先
0570-550-538 (24時間)
050-3163-8538(日本語対応は午前9時〜2午後9時まで)
Skypeネーム: Jetstar-Japan
 
・コールセンターに電話して『最低価格保証を利用して予約したい』と伝える。
・比較した航空会社名と利用したい日付・時間を伝える。
・ジェット・スターの空きが確認出来ればそのまま予約し決済。
(自分の名前・クレジットカード番号・メールアドレスを伝える)
・72時間以内にメールに予約番号などが送られてきて予約完了。
 
この『最低価格保証』というので割り引かれるのは、僅か10%でしかありません。10%割り引く為に面倒な電話をして、更にクレジットカードを口頭で伝えて、間違いが起こる可能性も高まる事を考えれば、他社の価格が少しぐらい高かったとしても、そのまま予約した方が良い気がします。
 

沖縄への旅行なら楽天トラベル

評価: 
Average: 4 (2 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: