クレジットカードの利用でリボ払いの罠にはまらない方法

スポンサードリンク
リボ払いとは、大きい金額の買い物を行って、毎月1万円~5万円ぐらいの一定の金額を返済していくシステムです。分割払いと違っているのは、毎月の返済金額を自分で決められるので、どのくらいの金額を使ったかに関わらず、返済金額が一定であるという事です。50万円借りても、100万円借りても、1~5万円の返済金額が一定です。
 
最近、このリボ払いを利用してクレジットカード破綻する人が増加しています。クレジットカードで借りたお金が返済ができなくなる人の多くは、リボ払いを最大限に使って、クレジットカードの枠を最大限まで使い込んでしまっています。

 
多重債務者の多くがリボ払いを利用
 
多重債務者で自己破産する人の多くは、リボ払いを利用しています。リボ払いというのは、手元にお金がなくてもクレジットカードで50万円~100万円の高額の買い物をして、翌月からの支払いは1万円ずつという気軽なものです。その後に全く買い物をしなければ返済が進んでいきますが、その後に買い物をすると返済が進まなくなっていきます。その理由は、リボ払いの高い利子にあります。
 
リボ払いで高額の買い物をして、返済が1万円ずつだという事ですが、利息は年利15%~18%と異常に高額なものであり、自分がどんなに返済を行ったと思っていても、元本が減っていないという事が良くあるのです。更にクレジットカードを使い続けた場合には、クレジットカードの借金が膨れ上がっていきます。
 
リボ払いの金利が異常に高い
 
毎月の給料では足りなくなって、リボ払いを始めてしまうと、返済金額が一定なのでリボ払いの残高がどんどん膨れ上がっていく事になります。50万円ぐらいすぐに借りられてしまいますが、その年利が15%だとしても、利子だけで年間8万円の返済を迫られる事になる(月間7000円の利子)ので、毎月1万円ずつ返済したのでは、元金がほとんど減らない事になります。
 
リボ払いの悪い点としては、高金利の中で元金が減っていくどころか、むしろ増えていく点にあります。100万円の限度額のカードで借り入れを行ってしまった場合には、利息だけで年間15万円にもなり、1ヶ月1万円の返済では、元金が全く減らない事が分かります。
 
リボ払いの罠にはまる人の特徴
 
リボ払いにはまってしまう人は、毎月の生活費が自分の収入を超えてしまっている人が多いです。例えば、毎月の収入が15万円であるにも関わらず、20万円の支出があれば、5万円不足する事になってしまいます。この分を借金に頼ってリボ払いして返済を先送りしてやりくりしていく人です。
 
こうしたリボ払いに依存した家計のやりくりは、最初のうちは問題になる事はありませんが、2~3年ぐらいすると、借り入れの限度額に達したり、返済が上手に出来なくなるなど、大きな問題が発生してきます。最悪の場合には、月額1万円の返済に困るようになり、友人などに借金をする事になります。
 
リボ払いをしていると破綻する理由
 
リボ払いを続けていると、返済金額が毎月1万円であったとしても、いずれ生活が成立せずに破綻してしまいます。その理由としては、返済金額が1万円であったとしても、借金の総額がどんどん膨れ上がっていくからです。毎月のように利用していたクレジットカードを止めない限りは、借金が積み重なっていって、100万円以上借りた時点で、毎月の支払いで利息の返済しか行っていない事になるからです。
 
毎月のようにリボ払いを続けていけるのは、2~3年ぐらいであり、その後に驚くほど巨額の借金に困り果てる事になります。そして、毎月1万円ずつ返済していたのでは、10年かかっても返済が終わらない事に気が付くのです。返済金額をあげようにもお金が足りず、どうしようもない借金に苦しめられる事になります。
 
リボ払いの罠にはまらない方法
 
リボ払いというのは、自分の手元にお金がない時に大きな買い物をするのに便利です。分割払いと違って、翌月からの支払いも少なくてすみます。分割払いの場合には、20万円の買い物を10回で払ったら月額2万円ずつ支払いですが、リボ払いでは1万円で長期に返済する事も可能です。しかしながら、リボ払いをコントロールできなくなると、借金が膨れ上がる事も分かりました。
 
リボ払いの罠にはまらない為には、リボ払いをしっかりとコントロールすることが大切になります。そして、リボ払いをしっかりとコントロールするには、クレジットカード会社のサービスを上手に使いこなす事が大切です。例えば、楽天カードのウェブ管理画面などは、返済金額・利息などを自分が好きな時に確認する事ができます。
 
楽天カードでリボ払いを管理
 
私も利用しているでは、ウェブの管理画面から、自分が利用した利用明細を確認する事ができます。そして、も楽天カードを使った後から分割払い・リボ払いに調整を行う事が可能です。お店で1回払いにしておけば、後で自分の財布の都合に合わせて、リボ払い・分割払いに設定する事ができるのです。これで返済を自分でしっかり管理できれば、リボ払いも怖くありません。
 
楽天カードを使う多くの人は、毎月12日に返済明細を確認して、返済が確定する20日までに返済の方法を調整します。今月は、ボーナスが入ったから少し多めに返済しておこう!今月は、少しお金がないから返済を後回しにしておこう!という調整を自分で行う事ができるのです。こうした管理を行える楽天カードを使えば、リボ払いを上手に利用する事ができます。

評価: 
Average: 3 (2 votes)

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
お勧め情報: 

カテゴリー: 
スポンサードリンク