歯科矯正で絶対に失敗しない!矯正歯科医院をしっかり見極める方法

スポンサードリンク
矯正治療というのは、お金が100万円~200万円と高額ですし、時間も1年~3年と長期になるので、慎重に歯科医院を選ぶ必要があります。多くの人が矯正治療を一般歯科医院で受けますが、一般歯科医院よりも、矯正専門にした歯科医院の方がトラブルが少ないです。矯正治療で失敗しないように自分が矯正する歯科医院をしっかりと選ぶ事が重要になります。

 
最初にカウンセリングに行く
 
最初にカウンセリングに行った時に病院の印象なども大切です。受付の人がしっかりしているか確認する事は、病院全体の管理(マネジメント)がしっかりとしたものであるか見極めるのに有効です。また、その後の治療をスムーズに進める上で、カウンセリングの時の病院側の態度・印象を見る事が大変に重要になります。
 
カウンセリングの段階で、先生がしっかりと話に応じてくれるか、話している内容を理解できるかなどを総合的に判断するのが良いでしょう。
 
矯正治療を急ぐ歯科をやめるべき
 
矯正治療は、無料カウンセリングから始まって、次に2~3万円ほどのお金をかけて精密検査を行って、1人1人の症状に合わせた形で矯正治療の説明が行われます。精密検査の結果を受けて、先生から矯正治療の説明があるので、その説明を聞いて納得できたら矯正治療を始めれば良いのです。
 
精密検査を行っていないにも関わらず、矯正するように急かしてきたり、精密検査の時点でお金を全額要求するような歯科医院では、絶対に矯正を受けるべきではありません。そのような歯科医院は、患者本位の治療を行えない事が多いので、どんな治療も受けるべきではありません。
 
精密検査の結果を良く聞いて判断する
 
矯正治療というのは、1~3年以上と長期に渡るので、始める時に慎重にならなくてはいけません。慎重に始める時に行われるのは、無料のカウンセリングと、1時間ほどの精密検査です。精密検査をして歯科医師がしっかりとレントゲン・歯茎の状態・歯の並びなどをチェックした上で、今後の矯正治療の方針を決定します。
 
矯正する年齢・顎の大きさ・歯並び・矯正の期間などは、それぞれの患者によって大きく異なっているので、その矯正歯科医師から示されたプランをよく検討して、自分が納得してから始めるのが一番です。疑問点が少しでもある状況で始めるのはリスクが高すぎるので、疑問点を全て解消できるように歯科医院とコミュニケーションを取ったり、複数の歯科医院に当たる事が大切です。
 
料金の安い・高いを見ない
 
料金が安い所というのは、それなりに理由があって安いという事を良く認識しておくべきでしょう。『モニター料金だから安い』という場所もありますが、簡単に言ってしまえば、安くするから先生の人体実験に付き合って下さいという事でもあります。うまくいけばいいですけど、矯正が失敗すると大変です。
 
料金を高くとる矯正歯科の病院は、日本矯正歯科学会による矯正認定医がしっかりと見る場所が多いです。現状において、支払える能力がないのであれば、お金を準備できるまで矯正を待っておく方が良いでしょう。矯正を始めてしまってからでは、取り返しがつかない事になってしまいます。
 
日本矯正歯科学会の認定医かどうか
 
日本矯正歯科学会の認定を受けている矯正医というのは、それだけ矯正の知識もあると判断できます。認定医を持っていなくても上手に矯正をできる歯科医師は存在していますが、日本矯正歯科学会に認定された認定医は、矯正を専門に開業できるほどの実力を備えているという事になります。
 
日本矯正歯科学会に認定された歯科医というのは、矯正治療に関して十分な学識・経験を持っていると認定されているので、矯正の回数をこなして多くの症例を知っているので失敗する可能性が少なくなります。日本矯正歯科学会の認定を受けた歯科医師の多くは、歯科矯正専門の開業を行っています。
 
矯正を無理してやらなくてもいい
 
歯科矯正というのは、今の技術では『何歳でも可能である』とされています。年齢が若いうちにやる方が動きが良くなる事は確かですが、40代以降で矯正治療を行う人も沢山います。矯正を焦らず、少しずつ情報を集めて、お金を貯めて、しっかりとした歯科医院で矯正治療を受けられるようにするのが良いでしょう。
評価: 
Average: 4 (1 vote)

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
スポンサードリンク