最新の虫歯治療で歯を削らずに治療する方法

スポンサードリンク

歯医者は、「全国にコンビニよりも数が多い」と言われており、競争の時代となってきています。歯医者を選ぶときには、出来るだけ最新の治療を受けられる歯科を選んで、最先端の治療を受けることが重要です。特に「あまり削らなくてもいい歯科治療」が出てきているので、積極的に利用するようにしましょう。


 
カリソルブでの治療
 
歯を削らず溶かす治療
 
カリソルブとは、歯を削らずに、虫歯になった部分だけを溶かす薬液です。新たな虫歯治療として広まってきています。従来の、虫歯の治療は、タービンというドリルが使用されていました。歯科用のドリルなので、歯を削るのはうまくいきます。が、あの音は患者にとって嫌なものです。
 
カリソルブは薬品です。虫歯になった部分のみを溶かすので、ドリルを使用しません。そのため、あの嫌な音がないので、歯科治療の苦痛がありません。カリソルブは次亜塩素酸ナトリウムと3種のアミノ酸からできています。カリソルブ溶液を虫歯につけると、虫歯になった部分のみが軟化してくれます。(象牙質のみ)およそ、虫歯にカリソルブを塗ってから30秒で柔らかくなります。その後、専用の器具で、その柔らかくなった虫歯の部分のみを取り除きます。取った後はレジンと言う、樹脂を詰めて塞ぎます。
 
健康な歯を削らずに済む
 
カリソルブは、虫歯の範囲のほかの、健康な象牙質には作用しないので、健康な歯の部分までを取らないといけないようには、なりません。カリソルブによる治療は20分くらいで終わります。カリソルブは薬液が虫歯部分のみを溶かすので、通常、麻酔は必要ありません。また、基本的に歯を削る必要性もありません。しかし、しみたりする場合には麻酔が必要です。虫歯の治療をする際に、ほとんど歯を削らないで、治療が行えますので、歯科治療が怖い人、病気で麻酔薬が使えない人、子供にはいい治療です。是非、受けてみたいですね。
 
ただ、カリソルブがすべての虫歯治療に適応されるわけではありません。カリソルブを使うと、歯を全く削らないでどんな虫歯も治療できるという誤解がありますが。カリソルブはC1もしくはC2と言われる、程度の軽い虫歯にしか、適応されないのです。そう、明らかに虫歯という場合には遅いときがあります。注意しましょう。
 
ドックスベストでの治療
 
テレビなどでも紹介されている削らない痛くない最新歯科診療です。ドックスベストでの治療で使うセメントは、著明な抗菌効果があって、虫歯の原因菌を1年殺菌してくれます。成分は、銅・亜鉛・リン・鉄・アルミ・酸化チタン。銅がイオン化して殺菌し、他の成分は虫歯の原因菌に感染した歯質の再生をしてくれます。
 
ドックスベストでは、虫歯菌に感染した歯質をすべて削らなくてもよく、虫歯菌を殺菌できます。また、感染した歯質は数ヶ月から数年で健康な歯質に戻ってくれるのです。そのため、歯の神経の保存ができるようになります。必要最低限の歯の削除ですむので、痛みも少ないです。

虫歯の一部を再生できる治療方法
 
従来の常識では、虫歯菌感染が疑われた歯質はすべて取り除かなければなりませんでした。進行した虫歯は神経までを取り除きました。神経を取ってしまった歯は弱く、虫歯になりやすく、治療しても再治療を繰り返します。ですが、ドックスベストによる虫歯治療は、歯の神経を保存できる革新的なモノです。歯には再生力はなく、失われた歯質は再生しません。しかしドックスベストを適応すると、およそ1年後には感染した歯質が健康な歯質に再生できるのです。これもまた適応症があって、C3までの虫歯限定です。カリソルブのC2よりマシですが。明らかに虫歯、という段階で行ける場合が多そうなのが、朗報です。
 
最先端治療を受診するには?
 
検索してみると、かなりの数の歯科医院が出てきます。ただ、カリソルブ・ドックスベスト共、未だ保険外治療で高くなります。5000円から20000円もします。検索して相場を調べましょう。
 
また、そこの歯科医師が、この治療に積極的かどうか?も、事前にメールのやり取りなどで調べておきましょう。カリソルブと銘打っていても、まだ試験的で適応患者を絞る医師もいるからです。
 
おわりに
 
できれば、あまり負担のない治療を選びたいものです。ですから、できる限り最新の歯を大事にする治療の恩恵にあずかるよう、よく調べてください。
 
(三川恵子)
プロフィール

 
評価: 
Average: 3 (2 votes)

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
スポンサードリンク