がん治療に漢方薬を上手に利用する方法

スポンサードリンク

現代の西洋医学では、治す事が出来ないがんが沢山あります。特に体内に広まってしまったがんに関して、西洋医学で有効な手段を取りずらい場合があります。そこで、東洋医学の漢方薬ががんの治療薬としても注目を集めるようになってきています。


漢方薬
 
がん治療に漢方が良い理由

最初に漢方を処方する医師の診断を受けにいく為にも、予備知識を持っておく方が良いでしょう。漢方が体に効くのは、自然治癒力を高めるからです。これまで研究されてきた統計データにおいても、治療作用に有効性が証明されている漢方薬は沢山あります。実際に「がんの退縮や消失」から、「生活の質の改善」に至るまで、沢山の効果が証明されてきました。
 
しかし、がんの退縮に対する分子レベルなどのメカニズムは、解明出来ないケースがほとんどです。実際の漢方薬の生薬には、未知の成分がまだ数多くあるのが実情です。例えば、「○○がんに○○湯が有効と思われる」というように臨床のデータがあるにも関わらず、分子レベルの研究がまだ行われていない場合も多いのです。
 
このような理由から、病院で処方される西洋医学の治療に併用して、東洋医学の漢方を利用していくという選択肢が最も良い選択肢と言えるでしょう。
 
漢方外来へ行こう
 
・主治医と良く相談
 
漢方外来では、様々な疾患と同時にがんへの投薬も行っています。生活の質を回復させたり、症状を抑えたり、抗がん剤による治療の副作用を減らすのを目的としています。同じ掛かっている、がんセンターなどの病院の漢方外来から、個人の漢方クリニックまであるので、主治医と相談してください。
 
例えば、がんの手術後に、リンパ節や多臓器への転移が起き、様々な症状が出ている場合。その症状に合うと思われる漢方で治療すると、生活の質が格段に回復する。例えがんは治らなくても、漢方薬により苦痛の大幅な低減が可能になります。
 
・がんの辛い症状を和らげる
 
がんの体のつらい症状は、痛み・全身倦怠・吐き気・食欲不振・下痢・便秘・味覚異常・知覚異常などがありますが、これらをやわらげてくれるのです。もっともよく用いられるのは、補中益気湯や十全大補湯、人参養栄湯などです。人参・当帰・甘草・黄耆などの生薬が入っています。ほかは、八味地黄丸や牛車腎気丸、桂枝茯苓丸、桃核蒸気湯、当帰芍薬散が、適宜用いられます。これらは漢方独自の診断法によって、決定されます。
 
西洋医学では苦痛の低減に対して、モルヒネ・ステロイド投与などを行いますが、それだけでは生活の質は良くなりません。ところが、漢方専門医が漢方薬を投与すると、ほとんどの人で、痛みが和らいだり、苦痛が現象するなどの「生活の改善」が見られています。
 
・自分に合った漢方薬を医師と見つける
 
1回の処方で合った漢方薬が見つかるとは限りませんが、幾つかの漢方薬を試すと合った薬が見つかります。漢方では、がんの場合は、生命エネルギーの気・血・水が上手く回らない状態と捕らえています。気・血・水は、体を働かせている生命エネルギーを表します。気・血・水が上手くいかない部分を補う漢方薬を投与すれば、体が上手く働くようになるのです。
 
「気の流れ」と言われても、具体的な物質では見えないですよね?しかし、近年のパワースポットブームなどで、見え無いモノの流れについては、一般的にも認知されるようになってきました。
 
漢方は長期服用で効果を発揮する
 
漢方は、抗がん剤の副作用軽減に効果がある場合が多いです。例えば女性の女性ホルモン依存性の乳がん・卵巣がんへのホルモン療法の副作用を和らげてくれます。女性ホルモンであるエストロゲンを抑えるホルモン剤を使うのですが、これを始めると、更年期様症状(イライラ、抑うつ、動悸、ホットフラッシュなど。)が出てしまいます。
 
しかし、漢方を併用する事によって、副作用の程度を大幅に軽減できる可能性があり、体力を付けて病気と戦う事ができるようになります。そうすると、体力が落ちる事によって抗がん剤治療が続けられないという事態がなくなります。その他プラチナ系抗がん剤や放射線治療の副作用も抑えてくれます。
 
自分で買うのは危険
 
・自分で漢方薬を購入しない
 
素人の方が自己診断を行って、自分の体の状態に合わせて、薬局・通販で買うのは無理があります。体の状態というのは、固定したものではなく、日々刻々と変わっているものです。また、漢方薬にも副作用・新薬との相互作用があり、素人判断が出来るほど簡単なものではありません。
 
定期健診毎に、専門の医師が状態を判断して、状況に応じた処方をしないといけません。それに加えて市販の漢方薬は費用も高額なものが多いので、経済的負担にもなりメリットは少ないと言えます。
 
・健康保険が利く場合も
 
漢方医師が処方する漢方薬は、病気を治療するという目的であれば、健康保険が利く場合があります。ただし、体質改善などの時には、健康保険が利かない場合もあるので、処方される際に医師に良く確認してみると良いでしょう。
 
単品の生薬・サプリメント
 
漢方薬の中でも、例えば、冬虫夏草という漢方薬は、末期のがん(胃がんなど)患者に与えたら、治ったという話などがインターネット上で広まるなどしています。また、アガリクス、プロポリス、サメ軟骨、フコイダンなども、がんに効くとインターネット上の書き込みで見る事もあるでしょう。
 
しかしながら、東洋医学の中で研究されて実証されたものを医師が処方するので、自分で効果の分からないものを試すのは辞めた方が良いでしょう。仮に間違えたものを飲み続けたりすると、症状が良くなるどころか、悪化してしまう可能性もあるからです。自分が治療にかかっている病院で漢方薬に詳しい医師と良く相談すべきでしょう。
 
おわりに
 
がん治療に漢方を併用すると、がんと戦う体力が出てきます。治療の選択肢として考慮するのもいいのではないかと思われます。
 
(三川恵子)
プロフィール
 
評価: 
Average: 2 (1 vote)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: