彼氏にプロポーズされる女性になる方法

スポンサードリンク

今付き合っている彼氏にプロポーズして貰えないという悩みを抱えている女性は多いかもしれません。現実問題として、付き合っている人は居るけど結婚まで至らないというケースは増えています。その問題は簡単に解決出来ることではなく、社会全体の問題もあるので奥深い問題です。その問題について整理しながら、プロポーズされる女になる方法を考えてみたいと思います。

この文書には曖昧な部分もありますが、それは人それぞれの状況によって対策が異なるからです。男性にプロポーズされる為には、結婚後の生活における価値観が男性側と一致する必要が不可欠になります。男性側の考えている事も合わせて、ここでプロポーズされる女性になる方法を考えていきたいと思います。

 
結婚の年齢について理解する
 
日本では、少子高齢化が加速しており、男性の平均初婚年齢が30歳を超え、女性も29歳と毎年のように年齢が高くなってきています。一方で、人間の体質自体には全く変化がないので、男女ともに35歳以上で生殖能力が落ちる事などが悩める夫婦が増えています。少子高齢化に拍車がかかる原因ともなっています。
 
付き合っている彼氏がいないというならまだしも、付き合っている彼氏が居る場合には、彼氏に早めにプロポーズさせる方法を考えていった方が良いでしょう。カップルで十分に話し合って、将来について現実的な人生設計をする必要が出てきます。
 
・女性の平均初婚は29歳という現実を知る
・35歳以降の生殖能力は男女ともに落ちる現実を知る
・付き合っている人で決断する勇気
 
プロポーズされない女性の種類
 
プロポーズされない女性といっても、その種類に多様性があります。例えば、「専業主婦志向」の為に男性からプロポーズされない女性という人もいるでしょう。また、その逆で「キャリア志向」の為に男性からプロポーズされないという事もあるでしょう。男性からするとそのどちらもプロポーズしづらい女性になってしまうのです。
 
それなら、どうすればいいの?となるかもしれませんが、男性が求めるのは「どちらも適度に出来る女性」という事になるでしょう。女性が男性に「収入も高くて家事も出来る」を求めるのと一緒ですね。
 
・専業主婦志向の女性
 
専業主婦志向の女性がプロポーズされない理由は、女性に専業主婦をされてしまうと、家計の収入が減少して、男性がプレッシャーを受けやすくなると感じる男性も多いです。最近では、「女性に働いて欲しい」と感じる男性が増えています。このタイプの男性は、働く女性を求めていて、実際に結婚後も働いてくれる女性を求める事になります。
 
女性側としては、「男性に依存せずにある程度のお金は自分で何とかするよ」という意思表示が必要になります。多くの場合には、実際に男性より力も弱く、出産もある女性では、男性並みに働くのが不可能であり、実家の財産があるか否かも問題になったりしてくるので複雑です。
 
・キャリア志向の女性
 
キャリア志向の女性がプロポーズされない理由は、キャリアでいくら頑張ってお金を稼いで貰っても、女性の生殖能力は全く高まらないからです。男性には、女性に家庭で子育てを頑張ってほしいという本能が備わっていて、企業でキャリアとして働く女性には、その魅力に欠ける部分を見出してしまうのです。
 
特に日本においては、企業内部に女性の十分にキャリアと家庭を両立できる制度が確立されておらず、女性のキャリア志向は日本において否定されがちになっています。「寿退社」などという言葉があるように、女性が働き続ける為には、独身である事が奨励されるほどで、キャリアを求める事で女性個人の家庭問題は軽視される可能性がある為です。
 
女性のキャリア変更の勇気
 
・20代における女性の決断
 
女性がキャリアを持つ時代になっていますが、実際に女性がキャリアと男性を両立するのは非常に難しいものがあります。映画「プラダを着た悪魔(2003年)」でも話題になりましたが、女性がキャリアを優先すれば、男性に対する態度が疎かになってしまう場合があるのです。女性が仕事で疲れた体で帰ってきて、男性の求めを拒んだ瞬間から、男性の態度は変化してしまう事でしょう。
 
女性側は、自分のキャリアを変更していくという勇気を持つ事に迫られています。もし、「キャリアを放棄したくないけど、彼氏を維持したい」というのであれば、それを実現出来る理想的な男性は非常に少数です。多くの男性は、女性のキャリア志向に理解を示しつつも、生殖本能から「それなら自分のお好きなようにどうぞ」と結婚に至らないケースが多いからです。大女優がすぐに離婚してしまう原因もそこにあるのでしょう。
 
・日本の制度の不備を理解する
 
日本の場合には、会社を一度退社してしまうと、同じ正社員での復職が難しいなどの問題があり、女性に非常に厳しい社会となっています。しかし、幸せを掴む為なら、お金や仕事を投げうっても良いという覚悟が必要になるでしょう。現在の生活は維持出来ないけれど、違う方法を模索していく必要があります。
 
日本は経済成長がストップしましたが、グローバル化の競争力を維持する為に、レールの上から外れた人間を再登用できない「固定的システム」が維持されてきました。レールから外れると所得は維持できませんが、もっと幸せになる方法があるかもしれません。日本の制度の中で「お金だけでない幸せ」を何か自分なりに探す必要性があるでしょう。
 
・結婚後の家計の所得を考える
 
女性が25歳、男性30歳では、男性の平均所得(30歳約400-450万)だけでは生活が貧困状態になる可能性があるでしょう。家賃(2人住むなら年100万)が発生すると、実際に使える金額というのは、2人で300万円以下(1人予算150万円/年)になります。現実として非常に厳しい中で、どのような生活を過ごせるかを2人で十分に話し合う必要があるでしょう。
 
2人が働いていた時には、お金に余裕があって旅行にも行けるでしょう。しかし、女性が仕事を辞めた瞬間に貧困状態になり、旅行にも行けなくなるという事が良くあります。人間の心はお金がないと荒むので、金の切れ目が縁の切れ目とならないように十分に計画を立てておく必要があります。
 
・住居費の割合が高いので2人で実家に戻る
・奥さんだけ実家に帰る(実質夫婦別居)の選択
・奥さんがアルバイトなど副収入を得る
 
・女性のキャリア中断は可能か
 
日本では、産休が制度的にありますが、企業の上層部に「女性は専業主婦の発想」が残っている事で、多くの企業で「産休取るなら辞めろ」と言われかねない女性に厳しい状況となっています。産休が取りづらい状況において、やむなく退社に追い込まれるという女性は多いものです。
 
大卒・大学院卒で正社員で働いていたけど、女性が辞めた瞬間に所得がゼロになり、せっかくの大卒・大学院卒でアルバイト・パートする事は誰でも嫌な事です。まして、専業主婦で家事だけやっていたのでは、大卒・大学院卒で使ったお金の回収も難しくなります。また、「自分で使えるお金を失う」という苦悩も出てくるでしょう。
 
・アルバイトなどを行う
・女性の能力を活かしてネット副業
・女性が再就職する方法を探す
 
・幸せについて考え直す
 
日本に生活している以上は、日本の制度の中でどのように自分が幸せになれるかを考えていく必要があります。お金が無くても幸せな生活を過ごせるのか、もしくはお金の為に何かを犠牲にできるのかなど、自分なりにパートナーと良く相談していく必要があるでしょう。
 
若いうちが圧倒的に有利
 
当たり前の繰り返しになりますが、女性が若ければ若いほど、女性が男性からプロポーズされる確立は高くなります。これは感情だけの問題ではなくて、生物学的にも女性が若い方が妊娠の確立が高まるからです。そこで男性からすると、本能的に「出来る限り若い女性にプロポーズしたい」と思ってしまうのです。
 
女性側が25歳前後で「この人だ」と決めたのであれば、結婚を引き伸ばしせずに早めに決めてしまった方が良いでしょう。つまり、深い事を考えずに先に籍を入れてしまうのです。女性側が曖昧な態度を取っていると、男性側としては、別ルートを開拓していく事を探る姿勢に入ってしまうので、プロポーズなど考えなくなっていきます。
 
そうしてダラダラとお付き合いして、男性側が30歳になってから25歳の時と同じようにプロポーズを真剣に考えてくれる訳ではありません。女性が「まだ大丈夫」と思っているほど人気ある男性はあまくありません。女性が30歳になって「そろそろ結婚を」と思った時には、男性が既に別の方向に向いて、結婚相手がいないという事が良くあります。いずれにしても、女性の側が結婚を早めに決断する事が重要になります。
 
・もうちょっとキャリア積んでからは禁物
・30歳前に結婚を決める方が圧倒的有利
・女性25歳前後だと最も条件が良くなる
 
おわりに
 
20代、30代における結婚・出産などというのは、人生において多くの人に巡ってきます。しかしながら、特に先進国においては、仕事と家庭のバランスを取る事が非常に難しい状況となってきています。そうした事を男性側の考え方と一致させていく事こそが、男性側にプロポーズされる方法として有効になります。

 

評価: 
Average: 3.5 (4 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: