女友達を彼女にする方法

スポンサードリンク

友達だと思っていた女の子を好きになってしまう男性も多いです。女友達を好きになってしまった!その恋愛感情を押さえ付ける必要はないでしょう。女友達に対する恋愛感情を押さえたとしても、いずれは想いが女友達にバレてしてしまうものです。思いがバレる事の方が、状況的にはマズイです。例えば、酔った勢いでいきなりキスしてしまうとか。

そもそも男女の友人関係は、幻想だと思った方がいいでしょう。告白するか否かに悩む場合。男女の「友人関係という幻想」に呪縛されていて、その時点で恋愛に踏み出せずに「フリーズ」してしまってるのではないでしょうか。告白によってその「友人関係という幻想」が崩れる可能性があります。「友人関係という幻想」が崩れる不安があるので、あと一歩が踏み出せないのです。告白には勇気が要るのです。

 
勇気を持って告白する
 
今まで、女性の方もあなたを友達だと思ってきたのですから、いきなり性的な関心を持たれても、想定外だ!となる恐れがあります。そうして人間関係が壊れてしまったら、壊れてしまったでしょうがないでしょう。告白もしてないのに、怖がって何もせずにいると、時間の無駄使いというものです。駄目ならば、次に行けばいいのです。
 
前に進みたい欲求があるのなら、告白するしかないじゃありませんか。もし、男女の交際を断られたのなら、しかたありません。男女の友人関係が壊れるか?今までどおり男女の友達でいるか?それは、女性の方の精神的器量にもよります。清濁併せ呑む度量の女性ならば、関係を潔癖に叩き切るような真似はしません。しかし、それに甘えてズルズルしていたら、さすがに切れられますよ。
 
友人関係を肯定的に考える
 
一緒に時間を過ごしてくれるならば、ある程度好意的でしょう。女性は、生理的に嫌いな男性とは、近づくのすら嫌がるものです。女性が男性と一緒に居てくれるという事は、少なくとも、気味悪がられてはいないという証拠です。性欲の処理が先立って、やらしてくれるから付き合いたいという男性とは、女性は絶対に付き合いたくありません。
 
友人関係があるのならば、女性は少なくとも人間として、あなたを好きなわけです。そう考えたら、ただの同僚など関係性が薄い場合よりかなり有利ですよね。かのように既に友人関係にあるという一面を肯定的にみなして、自信を持って女友達にアプローチしてみるのです。玉砕を怖がっていたら、前に進めません。
 
友達として何度かデートする
 
まず、女性として気がありそうに、ほのめかす方法があります。とりあえず、遊びに行く≒デートに誘って全額おごりましょう。その時にさらっと、しておくのがポイント。物欲しそうにしては、なりません。実質デートですから二人きりで会いますね。そこが良いのです。加えて、ロマンチックな場所、高いところや水族館などにするといいでしょう。そこでいい感じになれば、成功です。食事も、イタリアンなど素敵なお店にします。もちろん、支払いは男性もち。
 
・物ほしそうにしない
・2人で会うのが重要
・ロマンチックな場所を選ぶ
・支払いは全部男性が行う
・自然に何度も会う
 
これを何度か繰り返せば、付き合ってるようになります。プライベートな悩みを女性に話すのも、関係を親密なものにさせます。よく、失恋した女性の相談に乗るうちに、彼氏になった話を聞きます。その逆バージョンです。外見を彼女の好きなタイプにします。今まで友達なので、情報はあるでしょう。
 
女性に選択してもらう
 
友達だと気を許していた男性からいきなり、好きだと言われたら、女性はアレルギーを起こす場合も。でも、愛の告白の前に、徐々に好意を示されていたら、女性の方で、選択できます。その過程で、拒否られるようならば、脈無しです。
 
おわりに
 
そのように首尾良く、女友達を彼女にしたとしても、彼女があなたを安全パイ程度にしか思っていなかったとしたら...すぐ乗り換えられます。ただ単に、クリスマスを一人で過ごしたくない場合のセーフティネットにされるだけのケースも。ご注意を。
 
(三川恵子)
 
評価: 
Average: 4 (1 vote)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
お勧め情報: 

カテゴリー: