マンダリンオリエンタル東京のレストランを上手に利用する方法

スポンサードリンク

マンダリンオリエンタル東京は、日本橋の再開発地区に2005年に開業(日本初のマンダリンオリエンタルホテル)した世界最高級のホテルです。日本橋三井タワー30階から36階に位置していおり、全ての客室から東京の大パノラマと夜景を楽しむ事ができます。また、客室が標準ルームも50平米以上と広々としており、ゆったりとくつろぐ事ができます。

マンダリンオリエンタルともなると、客層は富裕層が多くなり、年齢層も若干高めになります。また、都内の最高級ホテルとしてお部屋の値引きもほとんど行っておらず、1泊最低4万円からの価格設定となっています。マンダリンオリエンタルに行く際には、他の客の迷惑にならないように「それなりの格好」(昼:スマートカジュアル、夜:スマートエレガント)をしていくという事と、「マナーをしっかり守る」事にも気を配りましょう。インターネット接続料は、高級ホテルらしく1800円/日だそうです。
 
 
マンダリンオリエンタルのレストラン&バー
 
バーを楽しむ
 
マンダリンバー
 
日本橋三井タワー37階に位置するメインバー「マンダリンバー」は、女性だけのバーテンダーという珍しいバーです。バーテンダーが作り出すカクテルは、どれもオリジナリティと驚きをもって飲むことができます。特に20種を超えるバリエーション豊かなオリジナルマティーニ(ジンベースのカクテル)があるという事です。ほとんどのカクテルは、1杯2000円ほどから楽しむ事ができます。
 
お茶を楽しむ
 
オリエンタルラウンジ
 
日本橋三井タワー38階に位置しているマンダリンオリエンタルのラウンジです。都内のアフタヌーンティの中でも特に人気があって、4,200円(+サービス料13%)でアフタヌーンティを楽しむ事ができます。アフタヌーンティと言えば、3段構えのプレートが普通ですが、このオリエンタルラウンジでは、マンダリンオリエンタルならでわの丸型の印象的なプレートに乗せられてやってきます。
 
レストランを楽しむ
 
イタリアンダイニング「ヴェンタリオ」
 
日本橋三井タワーの2階にあるレストランで、非常に開放的な空間でランチやディナーを楽しむ事ができます。ランチビュッフェが3300円でデザート・コーヒー付きです。前菜がビュッフェ形式となっています。前菜だけでお腹がいっぱいになってしまいそうです。土・日・祝日には、1人3000円で15時から2時間のデザートビュッフェ(ドルチェヴィータ)もやっています。
 
フレンチ「シグネチャー」
 
日本橋三井タワー37階に位置するフレンチインスパイアダイニング「シグネチャー」では、ミシュラン1ッ星を獲得したフレンチ料理を味わう事ができます。皇居から富士山まで眺める事ができる展望と、シルバーを基調としたレストランの中で、最高級の料理を味わう事ができます。コース料理8品で14000円からありますが、人によって好き嫌いが分かれるレストランでもあります。フレッシュグレープフルーツジュース(1,260円)など、ソフトドリンクでも相当の価格です。

広東料理「センス」
 
日本橋三井タワー37階に位置する広東料理「センス」は、ミシュラン1ッ星を獲得した広東料理を味わう事ができます。マンダリンオリエンタルでも特に人気のあるレストランです。天気が良ければスカイツリーまでの展望を楽しみながら食事する事ができます。平日3800円(+サービス料13%)、休日の飲茶ランチで如意飲茶(YUYI-YAMUCHA)飲茶・点心の食べ放題コース6500円(+サービス料13%)で人気があります。ランチと言えど、コースに消費税、サービス料、ドリンクを含むと、1人1万円ほど準備が必要です。食前酒を最初に勧められますが、1杯1200円からと高い事もあり、無理して飲む必要もないでしょう。夜のコースは、18000円(+サービス料13%)+ドリンクで25000円/人ほどが平均かと思います。
 
アジアン「ケシキ」
 
日本橋三井タワー38階に位置するアジアンインスパイアダイニング「ケシキ」は、マンダリンオリエンタルに宿泊した人が朝食ビュッフェで良く使うレストランです。エナジーブレックファーストというメニューで、ビュッフェ+卵料理3800円(+サービス料10%)で提供されています。お昼は、マンダリングリルランチ3800円(+サービス料10%)、ヌードルランチ3200円(+サービス料13%)などがあります。夜のコースは、前菜(オードブル・アペタイザー)、スープ、メイン、デザートが6000円/1人と10000円/1人などが用意されています。
 
マンダリンオリエンタルの中では「カジュアルレストラン」に属しています。料理の価格はそれほどでもありませんが、料理の値段を抑えてドリンクの価格を高くしているので、ドリンクを注文した途端に金額が跳ね上がるので注意が必要です。一休.comレストランなどで安く予約する客が多い理由としては、富裕層たる「宿泊者」があまり利用しないからでしょう。ここを利用するならば、朝食で利用するのが最適です。

高級レストランの予約は、一休.comレストランで・・・。
 
おわりに
 
マンダリンオリエンタルと言えば、日本で唯一の6ッ星のサービスを提供するホテルとして定評があります。こうしたホテルに訪問するには、お客の側としてもそれなりの態度を求められるので、あまり高級ホテルに行かない人は、別の高級ホテルでいろいろと知識を得てからでも良いかもしれません。
 
評価: 
Average: 3.3 (4 votes)

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
お勧め情報: 

カテゴリー: 
スポンサードリンク