東京都内で夏にカップル&家族で利用できるホテルのプールまとめ

スポンサードリンク

夏に公共プールなどに行くのも良いですが、都内の公共プールは人で溢れます。また、仕事が忙しくて沖縄や海外のリゾート地まで足を運べないという人もいるでしょう。そんなカップルや夫婦の方は、都内ホテルのプールを利用するのがオススメです。公共プールほど混んでいませんし、宿泊者しか利用できないようなプールもあります。都内のホテルに宿泊しながら優雅なリゾート気分を味わってみてはいかがでしょう。

東京への旅行なら楽天トラベル




都内の屋内プール
 
ハイアット リージェンシー 東京
お勧め度:★★★★☆
屋内スパ&ウェルネス「ジュール」
ハイアット リージェンシー 東京は、都内では珍しい屋内の広々としたプールです。ハイアット リージェンシー 東京の最上階28階にあるプールです。通年営業されており、朝6:00~夜21:00まで利用する事が出来ます。宿泊者の利用料金は2100円(ビジター4200円)ですが、予約の時に無料になるプランなどを使えば、無料で利用する事が出来てお得に利用できます。どちらかと言えば、スポーツ施設といった感じですが、夏のレジャー用としても利用できます。
屋内スパ&ウェルネス「ジュール」
 
ホテル日航東京
お勧め度:★★★★☆
ホテル日航東京は、お台場の「リゾート空間」を目指しているので、他のホテルよりも充実したスパの施設が準備されています。ロッカールーム、シャワー、フィットネス、屋内ジェットバス、屋外ジェットバスなど多様な設備を利用する事が出来ます。通常のビジターは、トリートメントプログラムとセットにしないと利用できませんので、ほとんど宿泊客専用です。宿泊客は、初回3150円、滞在中の2回目以降1050円で利用出来ます。
 
ここの屋外ジェットバスは、都内では最も見晴らしが良いジェットバスと言えるでしょう。とにかく最高のロケーションで至福の時を過ごす事が出来ます。朝7:00~夜22:00(アクアゾーン21:30)までやっているので、夜にジェットバスに入るのも楽しそうですね。天気が良い日であれば、3時間以上楽しむ事が出来るでしょう。
 
ウェブサイトなどで昼食・スパや夕食・スパとセットになった安いプランを探してみたり、宿泊とセットになったプランを探して利用すればお得かもしれません。とにかく都内でもこれほど充実したスパを提供しちえるホテルはそう多くありません。
 
屋内プール&屋外ジェットバス

ホテルグランパシフィック LE DAIBA
お勧め度:★★★★☆
ホテル グランパシフィック LE DAIBAは、ホテル日航東京の目の前にあり、お台場を代表するホテルです。高いホテルの建物の4階にプールがあり、レインボーブリッジを目の前にしながら泳ぐ事ができます。お台場という遊び場にも困らない場所で、夏にプールを遊びに入れると楽しく遊べます。

ホテル グランパシフィック LE DAIBA
スィミングプール「グランドブルー」
http://www.grandpacific.jp/facilities/pool/

ホテルイースト21東京
お勧め度:★★★★☆
ホテルイースト21東京は、木場公園の近くにあり、東西線の東陽町駅の北側にあるホテルです。お部屋は、シティホテルとしては非常にシンプルですが、清潔にまとまっています。1人7000円ほどで宿泊出来て、お手ごろ価格で宿泊できます。また、このホテルの庭に「ガーデンチャベル」という結婚式を行う場所がありますが、夏季(7月中旬~9月上旬)には、屋外プールとして開放されます。ガーデンプール入場料は、ビジターが平日:大人5250円、子供2625円(休日:大人10500円、子供5250円)で、宿泊者はビジターの半額と高額ですが、それでもビーチチェア(人数制限あり)を待って行列が出来ます。この異国情緒あるプールの為にホテル宿泊もアリでしょう。

ホテルイースト21東京(オークラホテルズ&リゾーツ)
フィットネス「The East」
http://www.hotel-east21.co.jp/health/

ホテルイースト21のプールの様子

(画像はこちらのページから引用)

都内の屋外プール
 
ホテルニューオータニ
お勧め度:★★★★
屋外「The Pool MAI TAI」
ホテルニューオータニ(四谷にあり御三家とも呼ばれる)にある屋外プールは、都内でも人気のあるホテルのプールのひとつです。ホテルのプールとしては大きい方なのですが、夏休みは家族連れで完全に「公共プール」と化してしまいます。2階にプールサイドカフェがあって、11:00~16:30分まで運営されているので、デッキテラスで軽食(メニュー確認可能)を食べるのも良いですね。プールの利用料金は、宿泊客は2,000円、外来の客は6000円(お盆などは12000円)となっています。
 
このプールは、8月の週末になると、営業時間を22時まで営業している珍しいプールです。夜は家族や子供も少なくて大人の時間になり、DJも入って気分は最高潮!になります。夜に若い女性同士であったり、カップル同士で行ったら「夜のプール」は、相当にロマンチックで楽しいことは間違いないでしょう。

ホテルニューオータニ

The Pool Mai Tai
http://www.newotani.co.jp/tokyo/fitness/


(画像はこちらのサイトから引用)

ANAインターコンチネンタルホテル東京

お勧め度:★★★
屋外「ガーデンプール」
ANAインターコンチネンタルホテル東京は、東京・赤坂のアークヒルズにあるホテルで、2007年からインターコンチネンタルホテルと提携して運営されています。4階に夏季のみ運営されている屋外プール「ガーデンプール」があります。宿泊料金は、外国人向けに1室あたりの料金となっているので、複数人で宿泊するとお得なホテルになっています。東京メトロ南北線溜池山王駅13番出口から近いですが、周辺に用事があるか車で移動する以外には、交通の便はそれほど良いとも言えない場所です。
 
プールは宿泊客も有料(2000円)で、入り口の受付で手首に巻くタイプのロッカーキーと水色のバスタオルをもらいます。デッキチェアが1時間1000円で有料で貸し出されています。土日祝日は、30脚ほどあるデッキチェアを待っている人が大勢います。プールサイドスナック(出てくるのが異常に遅い)は、1500円ほどを想定しておくと良いでしょう。宿泊客は、会計を部屋に付ける事が可能です。
ガーデンプール
 
京王プラザホテル
お勧め度:★★★
屋外「スカイプール」
京王プラザホテルのスカイプールは、新宿副都心のビルに囲まれた中で、本階7階に位置している屋外プールです。朝9:00~夜20:00まで営業されています。なんとプールの利用は、宿泊客が無料となっているので、プール目的に宿泊したいホテルでもあります。古いホテルなので、ロッカールームなどが公営プールのような作りになっており、あまり高級感が感じられないのが残念な所です。バスタオル、浮き輪やビート板、遊具、デッキチェアが全て無料で貸し出されます。

京王プラザホテル

スカイプール
http://www.keioplaza.co.jp/guide/facility/skypool.html

ホテルオークラ
お勧め度:★★★
屋外「グリーンオアシス」
ホテルオークラ東京の屋外プール「グリーンオアシス」は、水着のままでテラスで食事が可能というサービス付きです。ビジターは、平日6300円、土日祝10500円、15時以降4200円と安くないですが、人気があるプールの1つです。

ホテルオークラ東京
ホテルオークラフィットネス
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/fitness/

東京プリンスホテル
お勧め度:★★★
屋外「スイミングプール」
東京プリンスホテルで東京タワーが見えるプールは、宿泊客が大人1000円、ビジター大人3000円(土日4000円)で楽しめるリーズナブルなホテルのプールです。東京タワーを近くに見ながら熱い夏に泳ぎ回るのは最高の気分でしょう。夏は、多くのビジターで込み合うプールです。

東京プリンスホテル

スイミングプール
http://www.princehotels.co.jp/tokyo/facility/index.html

グランドプリンスホテル新高輪
お勧め度:★★★
屋外「ダイヤモンドプール」

グランドプリンスホテル新高輪は、西武鉄道系のプリンスホテルのシティホテルです。一度に3600名が宿泊可能な大規模ホテルですが、既に老朽化が激しいので、隣にある同系列の「ザ・プリンスさくらタワー東京」には見劣りします。プールを利用したいと思う人であれば、宿泊するかどうかをプール利用するかどうかで決まるようなホテルになるかもしれません。

子供と大人が楽しめる「スカイプール」と大人専用の「ダイヤモンドプール」の2つがあります。ダイヤモンドプールの昼はプールサイドで軽食(プールは夕方16時まで)が楽しめて、夕方16時以降にビアガーデンとして楽しめます。一休などでプールだけの安いチケット(1300円)が出回ったりしますが、利用料金に含まれるのはタオルのみで、ロッカー300円とデッキチェア2000円が別料金となっているので注意が必要です。また、宿泊客からもしっかり1000円徴収するので注意が必要です。

グランドプリンスホテル新高輪

ダイヤモンドプール
http://www.princehotels.co.jp/newtakanawa/facility/
 

おわりに

都内の安価に使える公共プールは、夏になると「これでもか」というぐらい人だらけで混みあうことになります。比較的空いている都内のホテルを利用する事で、混雑した危ない状態のプールを利用せずに安心して利用できるホテルのプールを利用してみてはいかがでしょう。
 

 
評価: 
Average: 3.4 (5 votes)

ハイアット リージェンシー 東京

都庁、新宿中央公園に隣接。 新宿駅より送迎バスあり。

ホテル総合評価★★★★☆

このホテルのレビュー・口コミ
(1968件のレビュー・口コミ)

サービス★★★★☆
部屋★★★★☆
設備・アメニティ★★★★☆
立地★★★★☆

最低宿泊価格 : 6834

【住所】東京都新宿区西新宿2-7-2
【電話】03-3348-1234
【FAX】 03-3344-5575
【駐車場】有り 500台 1泊1,000円

このホテル宿泊プラン一覧

アクセス:新宿駅西口より徒歩9分(無料送迎バスあり)。丸の内線西新宿駅より徒歩4分。大江戸線都庁前駅A7出口より徒歩1分。

ハイアット リージェンシー 東京の詳細情報

 

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
スポンサードリンク