夜に快眠する方法!睡眠するには枕と布団が重要だった!

スポンサードリンク

人間であれば誰しもが一生のうちの3分の1を寝て過ごします。夜に快眠する事は、昼間の生活を充実させる上でとても重要であるとされています。人間が快眠しない状態では、昼間に集中力を欠いてミスが多くなったり、精神的に不安定になりやすくなるなどの影響も出てきます。日本は自殺者が特に多い国として知られています。それと同時に睡眠時間が短い国としても知られています。

もしかすると睡眠が要因で精神的な不安定から自殺に繋がっているかもしれないのに、日本人は睡眠を軽視しがちです。睡眠の質を高める事は、生活全体の質の向上に大切な要素となります。このページで、睡眠の質を高める方法を紹介します。

ふとん工場サカイの快眠まくら

 
消灯時間を守る
 
人間に限らず、生物は昼間と夜を区別して生きています。夜遅くに寝るような生活をしていると、昼間にも眠くなったり、物事に集中出来なくなったりして、うつ病の原因になります。都会で生活していると、夜に飲み会があったりする事が多いですが、無理して他人に合わせずに21時頃には帰宅を心がけましょう。夜の23時頃になったら寝る準備を始めて、23時30分頃には寝られる習慣を心がけましょう。
 
着替えをして寝る
 
寝るときには、寝る専用の格好で眠りに入る事が大切です。寝る時の服装としては、和風の浴衣や丹前(たんぜん)であったり、洋風のパジャマや女性用のネグリジェなどがあります。こうした格好に着替えをして寝る事で、自分の脳に対して「寝るよ」という合図にもなりますし、薄着で眠っている間も快適です。

ふとん工場サカイの快眠まくら
 
部屋の湿度を一定に保つ
 
部屋でエアコンやストーブを付けたままで寝てしまうと、部屋が乾燥してしまいます。部屋が乾燥すると、自分の皮膚がかゆくなるなど、安眠を妨げる事にも繋がります。安眠する為には、加湿器の設置、濡れタオルの設置など湿度を保つ工夫をする事が大切です。また、部屋に湿度計を設置して、自分が快適に感じる温度で湿度を45~60%に保つ事が大切です。部屋の湿度を一定に保つ事によって、皮膚を傷めないので美容に効果的で、ウィルスの活動を抑える効果も期待できます。
 
自分に合った枕で寝る
 
良く眠れない人の多くが枕が合っていない事が多いので、枕は良い枕で自分に合ったものを選ぶように心がけましょう。自分に合った枕というのは、枕の硬さ、高さの度合いが重要になります。枕が硬いものと柔らかいもので、心地よく寝られる方を選びましょう。また、枕が高いものと低いもので、自分が心地よく寝られる方を選ぶ必要もあります。
 
心地よいマットレスで寝る
 
心地よいマットレスを選ぶ事は、毎日の安眠にとっても大切な事になります。柔らかすぎるマットレスは、体が沈みこむので寝返りが難しくなり、姿勢が不安定になるので起きてから疲れが残ってしまいます。逆に硬すぎるマットレスは、体圧が分散されないので、血流が悪く寝返りばかりになってしまいます。適切なマットレスは、柔らかすぎず、硬すぎない体圧分散がしっかりと行えるマットレスです。
 
おわりに
 
睡眠が快適に出来ない事は、昼間の生活にも大きく影響してきます。仕事や付き合いが忙しいと、ついつい睡眠を軽視しがちになりますが、睡眠を軽視せずに快適に眠れるように心がける事で、日頃の生活を充実させましょう。

 

評価: 
Average: 2 (1 vote)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
お勧め情報: 

カテゴリー: