【週末海外】週末に中国上海で遊ぶ方法

スポンサードリンク

中国は、日本人に対して15日以内の滞在ではビザを免除しています。ですから、週末中国で遊ぶ為に必要なのは、パスポートと航空券のみとなります。パスポートを既に所得している場合は、航空券のみでOKという事になります。具体的なチケットの取り方から宿泊先までを想定してみます。実際に私も何度かこんな感じで週末海外を実践しています。成田-北京・上海が2万円前後のものが販売されていますので、上手に旅行すれば5万円以内で週末海外を楽しむ事も出来ます。



旅行テーマを決める

満足する中国旅行をする為に、自分なりの旅行テーマは必修となります。

(1)上海のバンド(外灘)・豫園商城・南京路を観光
(2)上海ヒルズで展望台に上がる
(3)バーで軽いお酒を楽しむ

今回は、土曜の朝出発で、日曜の夜に帰着という予定を組んでみます。
宿泊先として想定したホテルは、バンド(外灘)にも近い上海船長ホテルです。
(ユースホテルですが、個室の400元の部屋に宿泊するという設定です) 

週末に中国で遊ぶ費用

週末に中国に行く費用の大半は、中国までの航空券になります。上海行きの航空券は安いものになると2-4万円です。3-4時間の飛行で非常に短時間ですので、エコノミークラスでもそれほど苦痛にならないはずです。航空券をいくらで取得出来るかは、週末に中国で遊ぶ費用を抑える重要なポイントとなります。

今回の上海の旅行計画では、全て含めて65,000円になりました。週末で海外旅行に行く事は非常に贅沢な事なので、ついつい費用を気にしてしまいますが、費用を過度に気にしすぎるとせっかくの旅行が楽しめなくなってしまいます。費用にも少し余裕を持った計画を立てることが、週末の海外旅行を楽しむコツかもしれません。頑張って費用を削ったとしても6万5000円ぐらいはかかりそうですね。
 

1日目
 
2日目
00   00 睡眠
01 01
02 02
03 03
04 04
05 05
06 羽田集合 06
07 07
08 移動
羽田-上海(虹橋)
(地下鉄2号線)
08
09 09 朝食・チェックアウト

・豫園
・外灘観光トンネル
(昼食)
・上海ヒルズ

10 10
11 11
12 12
13 (昼食)
ホテルチェックイン

・南京路の散策

13
14 14
15 15 上海(虹橋)空港へ
出国手続き
16 16
17 17 上海(虹橋)-羽田
機内で機内食
18 (夕食)

ホテルの屋上バー

18
19 19
20 20
21 21 羽田空港着
22 睡眠 22  
23 23

 

評価: 
Average: 5 (1 vote)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
スポンサードリンク