我が子を癌などの病気で早死にさせない方法

スポンサードリンク

最近では、医療の発達によって高齢になっても生き続けられる社会が実現されました。その一方で、若いうち30代、40代で病気で亡くなる人もいます。親にとって自分の子供に先立たれる事ほど悲しい事はありませんので、子供には将来も病気にならないようにしっかりとした健康教育と食生活を指導を親が行っていく必要があります。

 
ファーストフードを食べさせない
 
親の背中を見て子供が育つので、親の食生活が乱れていると、子供の食生活も乱れる事になります。ファーストフードを買ってきて子供に食べさせるような食生活を続けると、子供は病気にかかりやすくなり、大人になってから癌にかかる可能性が確実に増加します。ハンバーガー、牛丼などのゴミフードを自分が食べず、子供にも食べさせないようにしましょう。
 
甘い物を食べさせない
 
甘い物を食べる習慣が付いてしまうと、子供は虫歯になりやすくなったり、肥満の原因になってしまいます。甘いものを食べる習慣は、百害あって一利なしです。おやつを頻繁に買い与えたり、某ショップで買える「解凍した腐ったドーナツ」を子供に与えるのはやめましょう。成長に必要な甘いものは、果物を中心に食べる習慣を付けさせる事が大切です。
 
加工食品を食べさせない
 
現代社会においては、加工食品を全く食べないという事は現実的ではなくなっています。しかし、便利だからといって栄養バランスが悪い加工食品に依存した生活を続けていると、いずれ大きな病気になってしまいます。特にインスタントラーメンなどは、子供には絶対に食べさせないようにする事が重要です。忙しくても簡単な食材から何か作って食べさせるようにする事が大事です。
 
夜更かしさせない
 
子供には早めに寝るように指導していく事が大切です。子供が夜更かしをしていると、日中に勉強に集中出来なくなって、学校の勉強に影響してしまいます。親も子供に合わせて早めに消灯を心がけるようにすれば、親も良く眠れるので長生きする事が出来ます。特に大学受験に向けて頑張らなければいけない高校生になった時に規則正しい生活を過ごす事が子供の将来にとって大変重要になります。
 
1人暮らしのリスク管理を教える
 
1人暮らしというのは、他人に合わせる必要が無いので、生活が乱れがちになります。1人暮らしになると、以前に利用しなかったコンビニやファーストフードの利用が増えて栄養バランスが大きく偏り病気に近づきます。1人暮らしだからこそスーパーに行って食材を買い込んで自分で調理したり、睡眠時間をしっかりと守るという自己管理を意識的に行う必要を教える必要が出てきます。
 
飲酒と喫煙をさせない
 
最近の若者の間では、喫煙は「勉強が出来ない不良がやるダサくて汚い行為」で、「肺がんを誘発する」など「体に最悪」という認識が高くなりました。若い女性も喫煙しない若者を求めるようになったので、若者の喫煙率は大幅減少しています。
 
その一方で、お酒を飲む若者はそれほど減少してはいません。20歳になったらお酒を飲むことが法律で認められていますが、飲酒も体に良い行為とは言えません。飲酒を長年にわたって継続していると、肝臓がダメージを受けるなど、様々な病気を発生させる原因になります。飲酒が体に悪い事を親が子供に指導していく事も大切です。
 
おわりに
 
日本の若者は、健康に対する意識が欠落していると言われています。健康への意識の低さは、先進国で減少傾向にあるHIVが日本だけ増えてる事にも見て取れます。また、肥満が問題になっているアメリカ人の若者と比較しても、日本人の若者の食生活が乱れています。確かに都会から田舎までコンビニが氾濫して、コンビニ弁当などが習慣になれば、病気になる可能性が確実に高まります。子供のうちから健康に対して高い意識を教育していく事が大切です。
 
評価: 
Average: 3.5 (2 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: