妻に対する夫の性欲を回復させる方法

日本は、避妊具の会社であるDurexの調査で世界で最も性行為が少ない国にランクされています。最近では、20代の若者夫婦の間でも性的関係を持つことがない夫婦が急増して少子化に拍車をかけています。夫が妻に対して性欲を失ってしまうと、男性は性欲処理の為に自分で性処理を行ったり、外部で浮気、性産業を利用して性処理を行う事になってしまいます。

日本では、カップルの半数以上がいわゆる「レスカップル」と言われます。女性が月に1度の周期があるのと同じで、男性は定期的に生成した精子を外に出さなければ相当にストレスになってしまう構造になっています。結婚している男性が定期的に精子を出さなかった場合には、何らかの形で浮気する可能性は極めて高くなると考えた方が良いでしょう。このページでは、「レスカップル」の男性側が性欲を無くす部分に焦点をあてて、女性側として理解すべき点と対策について考えます。

 
低所得でロマンゼロの夫婦
 
毎日のように行為をしていると、誰だってマンネリ化して相手に飽きてしまうものです。夫が妻に飽きたり、妻も夫に飽きたりする事は最もレスカップルの原因となりやすいでしょう。対策としては、男女として見られるように週末デートに行ったり、ロマンチックな場所に旅行に行くなど、非現実の空間を広げる事が考えられます。寝室をラブホテルのように豪華に飾るという方法も有効な場合があります。
 
妻が魅力的に見えない
 
20代と30代で女性は大きく変化していきます。多くの女性が出産・育児などを経験しますので、女性が35歳を過ぎても体型を維持していくのはとても大変な事です。とても大変ではありますが、美を追求する事は女性自身の健康にとってもプラスになる事が多いです。夫の側が体型維持に努力していればいるほど、妻にも体型維持の努力して欲しいと思うものでしょう。

40代でビキニとまでは言わなくても、夫に素敵だと言われるような妻でいられれば、夜の活動もきっと円満になる事は間違いありません。体型に最も重要なのは、規則正しい食生活ですので、甘いものを食べたり、間食を減らす工夫がとても重要になります。また、自分から積極的に機会を作って運動する事も大事です。
 
妻のキャリアに巻き込まれる
 
奥さんがキャリア型女性であれば、仕事を何よりも最優先に考える癖が付いてしまっているので、性交を含めて男性の事が後回しになる可能性が強いです。結婚する時には、キャリア型女性が格好良く見えたり、支配したいという男性の欲望が働いて結婚します。しかし、現実には女性が仕事に熱中する事で、性生活も上手な関係が保てなくなり、男性側が欲望を保てずに浮気、離婚に発展するというパターンが増えています。
 
芸能人などにおいても、良く女性の方が有名で収入が高く「格差婚」などと言われたりします。このような結婚では、女性の仕事が忙しくて男性の性欲処理に付き合ってあげらえず、すぐに離婚が成立するというカップルが多いです。世間では「高給取りに嫉妬した」などと言われたりしますが、現実は性的関係の破綻がほとんどでしょう。
 
この対策としては、女性側が男性に時間を合わせたり、性欲を軽視しない事です。女性側が自分のペースで生活を構築したり、相手の性欲を軽視したりする事が問題です。キャリア型女性と言えども相手に合わせる時間をなるべく多く作る事が重要になります。
 
働く妻を独占できない夫
 
男性が結婚生活の最大のメリットは、1人の大好きな女性を独占して豊かな性生活を過ごせる為です。しかし、女性が働く事によって、女性が仕事に集中して、男に集中しなくなる事が考えられます。女性が働く事によって、男性側のプレッシャーが増加して、結果的に男性が女性を受け入れられなくなってしまうケースがあります。
 
男性側も優しく「今日は疲れているだろうから」と気遣ってあげても、男性の性欲処理は完了しないままになってしまいます。それが後に妻に興味を示さなくなる原因になる可能性があります。この対策としては、お風呂に一緒に入る事で夫の性欲を満足させる行動を心がけたり、夫との性行為の為に仕事を早く切り上げるなどの方法が考えられます。
 
女性が母親になる
 
子供が生まれてから女性が子供に集中して、男性側が妻を女性として見れなくなるケースもあります。出産前は正常だった夫婦の関係が、出産を機にして変化していくのは良くある事です。妻の体型に変化が見られる事で女性と見れなくなってしまったり、妻の性格が子供に集中する事で、男性側が性的処理が出来なかったりする事で性生活が破綻します。
 
対策としては、出産してからも夫から「綺麗だね」と言われる女性を目指すと良いでしょう。食生活に気を配ったり、スポーツを通じて体型を保つといった努力は、健康の維持にも役立ちます。また、普段から化粧をする癖をつけて夫の前で女性を意識して貰うのは効果的です。普段の努力があればあるほど、普段の生活においても、ベッドの上でも夫から愛される女性で居る事が出来るでしょう。
 
その他の精神・身体的要因
 
女性の身体・精神的要因によって性交が難しいという場合も存在するでしょう。その場合の対策としては、無理して挿入を試そうとせず、夫を満足させるように擬似性交がお勧めです。例えば、手で行為をしてあげたり、自分の股に潤滑油を塗って行為してあげるなどの工夫で、夫の精子を出して性的に満足させてあげる事が重要です。
 
おわりに
 
夫が妻に対してセックスレスになってしまう要因は様々です。その多くの原因は、短期的には解決しがたい問題を含んでいます。奥さんの体型をすぐに変更する事は出来ませんし、奥さんが仕事を転職する事も、辞める事も簡単ではありません。とりあえず、夫が現在の状況に対してどのように感じているかを把握して、その上で出来る限り早めに対策をとっていく事が夫婦円満にとって非常に重要です。
 

 

評価: 
Average: 2.5 (8 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: