放射能で汚染されていない農作物・野菜・お米を手に入れる方法

スポンサードリンク

2011年3月11日に東日本大震災が起こり、その後に福島第一原発から大量の放射性物質が放出されました。周辺の農作物が放射能・放射性物質に汚染されて、国が規制をかける事態になっています。

国がいくら流通に規制をかけたとしても、放射能の影響を受けやすいとされる子供、妊婦のいる家庭は安心出来ません。放射能で汚染された農作物を食べない方法を紹介します。いずれも基本的な方法ですが、誰でも出来る安全対策です。



福島から離れた場所の農作物を買う

放射性物質の飛散は、福島第一原発から発生しているので、福島第一原発に近ければ近いほど放射能汚染が強いという事になります。逆に言えば、四国、九州のあたりでは、放射性物質の飛来がほとんど無いと考えられますので、四国、九州などで生産された農作物を購入する事が最も安全であると言えます。

外国の農作物を買う

海外から輸入された農作物は、国産と比較すると安心・安全であるとは言えません。しかし、国内の農作物が放射能汚染を受けている以上は、外国産の放射能汚染が無いものを購入する方が安心出来るという場合もあるでしょう。当面は、外国産の農作物を食べて様子を見るという方法が考えられます。

放射能汚染検査済みの農作物を買う

福島原発に比較的近い場所の農作物であったとしても、放射能汚染検査済みのものであれば、そうでないものよりも安全性は高いと考える事が出来ます。スーパーであったり、インターネットなどで農作物を購入する際には、「放射能汚染検査済み」と表示のある農作物を購入すれば、安心して食べる事が出来ます。

産地直販の農作物を買う

ウェブサイトなどで、農家の方が産地直販の農作物を販売しています。流通経路に乗った農作物に比較すると、自分が買いたい場所に注文する事が出来ますので、安全性が非常に高いと言えます。福島原発から離れており、放射性物質の飛散が少ないとされる九州の農家などに直販で注文すれば、安全性が高い農作物を手にする事が出来ます。

おわりに

福島原発から飛散された放射性物質による農作物・食物汚染の実態は、まだ完全には分かっていません。チェルノブイリ事故などにおいても、数年間を経てから多くの周辺住民などに影響が出たことが確認されています。子供、妊婦などは影響を受けやすいという事が分かっていますので、特に子供・妊婦などがいる家庭は、出来るだけ安全な食品を食べるようにしましょう。

評価: 
Average: 4 (27 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: