エコノミークラスの長距離飛行を快適に過ごす方法

スポンサードリンク

エコノミークラスで長距離飛行する事になると、多くの人はかなり苦痛を感じてしまう事でしょう。エコノミークラスにおける長距離飛行の苦痛を出来る限り和らげて、機内で楽に過ごせる方法を紹介したいと思います。

ドリンク・機内食を楽しむ

航空機の機内で、ドリンクや機内食が提供されるのを上手に楽しみましょう。例えば、アルコールなどが提供されている場合には、少しだけ飲むのも良いでしょう。また、機内食を食事の前に写真を撮影して記念に残すという楽しみ方があります。機内食は、機内での数少ないエンターテイメントだと思って、ゆっくりと味わいながら食べましょう。

到着地の観光ガイドブックを見る

旅行・観光などで航空機に乗る場合には、バッグの中に到着地のガイドブックを入れておいて、それを眺めているのが良いでしょう。現地の事に事前に詳しくなる事が出来ますし、これから行く場所の事を想像するのはとても楽しい事です。

座席を工夫してトイレに頻繁に行く

長距離フライトの場合には、座席は出来る限り通路側を選ぶようにしましょう。その方が、トイレに行きやすいというメリットがあるからです。座席がトイレにあまり近すぎると雑音が聞こえたりしますので、トイレとほど良い距離を取りましょう。水分を余計に補給して、トイレに頻繁に立つ事でエコノミー症候群などを防げます。

離陸前の空港でリラックスする

航空機の中では、座席にずっと固定されて疲れてしまいます。そこで、離陸前の空港では出来る限りリラックスしておく事で、航空機の中でも苦痛なく過ごす事が出来るようになります。空港でリラックスするには、ラウンジをするのが一番です。楽天プレミアムカードを保有する事によって、国内外の空港ラウンジ600ヶ所を利用する事が出来るようになります。

おわりに

エコノミークラスでは、狭い座席に長時間座り続けている事になるので、体に大きな負担がかかる事になります。水分を十分に補給して、たまにトイレの為に席を立つなど、体のケアが大切になります。

評価: 
Average: 3 (5 votes)

コメント

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: