遠距離恋愛で失敗しない方法

スポンサードリンク

恋愛をした男女であれば、近くに居たいと思うことは当然です。しかし、勉強や仕事などで2人の都合が合わずに遠距離恋愛になってしまう事もあるでしょう。遠距離恋愛の期間中には、お互いに様々な心境の変化が起こったりする事によって、別れに繋がってしまう事が非常に多いです。遠距離恋愛を失敗させない為に行う方法を考えてみたいと思います。



=遠距離恋愛の失敗要因=


お金による失敗

これが遠距離恋愛の失敗で最も多いパターンです。例えば、東京-関西の遠距離恋愛であったり、東京-九州の恋愛だったり、東京-海外の恋愛だったりすると、お互いが移動する交通費だけで多額の費用がかかってしまう事になります。特にまだ若くて収入が低い場合には、月に1回会う数万円の出費だけで非常に大変です。

最初は月に1回の出費も頑張れますが、遠距離恋愛が長引けば長引くほど、問題が発生する可能性が高くなってしまいます。お互いに会う為にお金を注ぎ込んでしまって、そのプレッシャーに負けて付き合えなくなるという事が多いです。

寂しさによる失敗

遠距離恋愛は、恋人に会いたい時にも会えないという最大の欠点を抱えています。恋人に会いたい時に会えないと、人肌が恋しくなってしまって、恋愛のストレスになる場合が多いです。また、人肌が恋しい事を近くに居る異性に頼ってしまって浮気をしてしまう事もあるでしょう。寂しい時に偶然に良い異性と出会うと、流されてしまう可能性も多いにあるでしょう。

性欲による失敗

遠距離恋愛の失敗として、お互いに性行為が出来ないという事があります。どんなに性行為を行いたかったとしても、相手が目の前に居る訳ではありませんので、性欲をはらす場所が無くなって欲求不満になる可能性があります。長期間の欲求不満は、相手に対する不満となって、恋愛の失敗に繋がる可能性があります。

相手に合わせる事による失敗

遠距離で相手の連絡頻度に合わせたり、相手の場所に行ったりする事が多くなると、自分のペースを保てなくなってしまって、結果として「相手に疲れてしまう」という事が発生してしまう可能性があります。遠距離恋愛で相手に疲れ始めると、お互いに不満がたまって失敗の原因になる可能性があります。


=失敗を克服する方法=


連絡を頻繁に取ること

遠距離恋愛で特に大事な事は、連絡を頻繁に取ることです。いかに自分の事に集中するとはいえ、相手の状況が分からないようになってしまっては、恋愛関係を長く維持する事は出来ません。連絡を2日に1回以上の頻度で取る事が相手の状況を把握する上で大切になってくるでしょう。

連絡の時に愚痴を聞かせない

恋人は安心できる存在なので、勉強のストレスであったり、仕事のストレスなどをついつい言いたくなってしまいます。しかし、遠距離恋愛で連絡が頻繁にとれないにも関わらず、連絡が愚痴ばかりでは、相手は疲れ果ててしまいます。愚痴などは、近くの友達で解消する事にして、恋人には出来るだけ前向きな楽しい話をしましょう。

定期的に会う事

いくらマメに連絡を取ったとしても、全く会う事が出来なければ、恋愛の心というのは冷めてしまうものです。遠距離恋愛で会う為には、費用も時間もかかりますが、定期的に会えるように日頃からお金と時間をしっかりと管理する事が必要になります。多くのカップルにとって、何かを犠牲にして、恋愛に「お金と時間」を投入しなければいけない事が出てくるでしょう。

心の自立を保つ事

恋人に会えなければ会えないほど、お互いに寂しさを感じる事になってしまいます。この寂しさに向き合う為には、しっかりと自分の集中してやるべき事を見つけて取り組む姿勢が重要になってきます。自分を中心の生活で精神的に自立してこそ、遠距離恋愛中の相手にも向き合っていく事が出来るようになります。

連絡の頻度であったり、会いに行く頻度などを相手に合わせてしまうと、遠距離恋愛を長く続ければ続けるほど疲れてきてしまいます。例えば、自分ではお金が無いのに無理して会いに行こうとすると、無理な出費となって精神的なプレッシャーとなります。お互いに無理をせずに自分のペースでお付き合い出来る関係が重要です。

他の人を好きになる環境を作らない

遠距離恋愛で、自分が浮気されるのが嫌だと思ったならば、自分の方も浮気する要因を作らない事が大切です。内緒で合コンに参加したり、異性と2人でデートに行ったりなどという行為は、浮気までいかなくても浮気する可能性をはらんでいます。自らがこのような行為を行うと、相手に対してもそれが態度で現れて、後々に相手に浮気される事に繋がります。

恋愛の要領を良くする事

全てを別の人と同じようにやろうと思うと、どうしても無理が生じてしまいます。自分がどの場所に重点を置いて、どの場所に重点を手を抜くかとう「重点」の置き場所を決めるべきでしょう。例えば、メールする時は簡単で、ウェブカメラで話す時は長時間時間をとって話したり、いつもお金を貯めていて、会う時にお金を沢山使ったりなどです。

おわりに

遠距離恋愛というのは、近くに居る場合と違って、長続きさせるのは難しいものです。その反面で、お互いが自分の事に集中して取り組めたり、遠くまで会いに行く楽しさというものもあります。連絡をマメに取ったり、定期的に会うなどの基本的な部分をしっかりと行う事によって、お互いの信頼関係を作って行く事が大切になります。

評価: 
Average: 3.5 (4 votes)

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
カテゴリー: 
スポンサードリンク

Facebookで確実に出会いがあります。