女性が自分に似合う水着を選ぶ方法

スポンサードリンク

水着は、服装の水着だけ着用した状態になるので、お肌の色にぴったりと合った水着を選べれば、プールサイドでも非常に映えて見えるものです。しかし、その人に完璧に似合う色(パーソナルカラーと言ったりします)、プロが判断しても非常に判断が難しいとされています。パーソナルカラーの判断材料について、基本的な部分のみを紹介しておきます。ここでは基本だけしか紹介出来ないので、後日自分なりに勉強してみてはいかがでしょう。

=水着の形=

水着の形は、自分の体型に合わせて決める必要があります。自分の体型に合わない水着を着ていると、

ビキニの選び方

胸が小さめ・・・・・・・・・・ホルターネック(肩ヒモでなく首の後ろで支える)
胸が大きめ・・・・・・・・・・胸が大きめの人は、チューブトップという選択肢も
ワイヤー入りタイプ・・・・・ワイヤーが入っていると、胸がガッチリ固定されますが、最近はワイヤーなしのヒモタイプも流行
おなかを隠す・・・・・・・・タンニキタイプの水着
ビキニ恥ずかしい・・・・・ワンピース型、オールインワンタイプ、ロンパースの水着


アイテムの活用

足が少し太めの人が効果的に足を隠すには、パレオと呼ばれる水着に羽織るタイプのアイテムがお勧めです。また、足が短めの人には、ヒールビーチサンダルなどがお勧めです。また、自分で胸が小さいと思う人は、水着用のパットを利用すれば、胸を効果的に大きめに見せる事が出来ます。

足が太め・・・・・・パレオ
足が短め・・・・・・ヒールビーチサンダル

胸が小さめ・・・・・・水着用のパット

=水着の色=

人間のお肌は、ブルーベース(夏・冬)とイエローベース(春・秋)に分別出来るとされています。これは肌の色とは全く無関係で、良く言われるのがシルバーアクセサリー(銀系)が似合うならばブルーベースで、ゴールドアクセサリー(金系)が似合うのであれば、イエローベースとされています。お化粧などを選択する際にブルーベース、イエローベースに合わせて選択するように水着もブルーベース、イエローベースの基準で選択を行います。

イエローベース

夏・冬をイメージした色合い

ブルーベース

春・秋をイメージした色合い

自分のパーソナルカラーがブルーベースとイエローベースのどちらか分かったら、次に明度と彩度が重要になります。明度をあげると色がカラフルになり、明度を下げると黒みがかった(くすんだ)色になります。また、彩度をあげると、色がどんどん薄くなっていき、彩度を下げると色は黒に近づいて濃くなります。

彩度
(上部ほど彩度が高く、下部ほど低い)


明度
(上部ほど明度が高く、下部ほど低い)

評価: 
Average: 3.5 (2 votes)

コメント

匿名ユーザー (匿名)

明度と彩度の画像が反対に思われるのですがいかがでしょうか。
こちらが間違っていたのであれば申し訳ありません。

コメントを追加

To prevent automated spam submissions leave this field empty.
Target Image
スポンサードリンク

Facebookで確実に出会いがあります。