男性が見た目を大幅に改善する方法

スポンサードリンク
外見が良いからこそ、「この人はどんな人なんだろう」と興味が沸いてくる事が多いのです。外見が全くダメだと、興味すら抱いて貰えないという厳しい現実があります。更に言えば、外見が悪いだけで「人間として付き合いたくない」と思う人までいるほどです。
 
いかに内面が素晴らしい人であったとしても、外見が生理的に受け付けないレベルであれば、その時点で興味すら持って貰えないという悲しい事態に陥ります。女性から興味を持って貰えるだけで、人生の楽しみが倍増すると言っても過言ではないでしょう。女性から興味を抱いて貰う為には、自分の外見を磨けるだけ磨いておくというのが重要になってくる訳です。

最も重要なのは、今の自分の見た目ではなくて、将来的に見た目を改善しようとする努力です。

 
雰囲気を身につけること
 
男性が雰囲気を身につける為には、髪型、体型、そして服装が大事になります。どれも欠かす事ができない要素です。髪型をすっきりして、髭をそって、体型をシャープにして、服装をしっかりしておけば、それだけで女性から少し良い目線で扱って貰えるようになります。最初にこういった基本を欠かさない事が大切になります。

・髭をそる
・髪型を整える
・ジムなどで運動して体型をシャープに整える
・ユニクロでもいいので清潔感ある服装を身に付ける
・自分の表情を研究する
 
鏡を眺めるようにすること
 
毎日、じっくりと鏡を眺めていますか?男性が女性と比べると、鏡を眺める回数が少ないと言われています。自分で鏡を眺めて改善できる部分が少しでもないか探す事が大変に重要な事です。例えば、髪型がダサくなっていないかであったり、肌のケアが足りないのではないかであったり、まゆげが手入れされていないのではないかなどです。
 
お部屋に必ず置くべき必需品としては、全身を見る鏡が必修です。全身を毎日見ていると、自分の筋肉の付き具合であったり、似合う服装などを見る事ができます。自分が客観的にどのように見えるかチェックしておくと良いでしょう。また、出掛ける前に服装のコーディネートもチェックしましょう。
 
お金と時間を投資する
 
お金と時間を全くかけずに見た目を改善する事などできません。どんなにイケメンの人であったとしても、30代を過ぎると、お金と時間をかけないでイケメンを維持するのは絶対に不可能です。50歳になっても衰えを見せない俳優の阿部寛さんも、影でかなりの努力をしている事は間違いありません。

多くの男性が女性に比べて見た目を改善する努力を怠っています。お金も時間もかけないで見た目が良くなるハズがありません。お金をかけて洋服のセンスを良くしたり、時間をかけて体を鍛えるようにする事に意識を向けていく事が大切になります。
 
表情を使うようにする事
 
パソコンのデスクワークばかりしていて、無表情というのは、人間に対して怖いイメージを与えてしまいます。クールなキャラクターでいくのも悪くないですが、一緒に笑える方が女性からすると好印象を抱いて貰いやすくなります。相手の話に関わらず、笑える人というのは良くモテます。笑える人になる為に「笑う自分の顔」を良く研究する事が大切です。
 
自分にどんな笑い方が似合っているのかを鏡を見て練習しておくと良いでしょう。男性、女性で笑い方は異なってきますし、人によっても良い笑顔の作り方が微妙に違います。基本になるのは、頬を上げて上の歯を出して笑うという方法です。その時に自分の歯がどう見えるか、そして顔のラインがどうなっているかを良く見ておきましょう。
 
肌の調子に気を使うこと
 
俳優の阿部寛さんが50歳になっているにも関わらず、肌の調子が若々しく見えるのは、偶然ではありません。阿部寛さんは、寝室だけで3台の加湿器があるというぐらい湿度に良く気を使っているのです。部屋のエアコンなどをずっとつけていると、気が付かないうちに肌が乾燥してボロボロになってしまいます。
 
人間の肌を回復させる為には、乾燥が最も良くない事であるとされています。人間の肌の表面が乾燥すると、肌の回復がうまくできずに肌にシミなどが残りやすくなってしまうのです。実際に最近は火傷などでも「保湿療法」というものが取り入れられており、乾燥させないで治す治療方法が主流となってきています。

おわりに
 
見た目を改善するというのは、一緒に付き合ってくれる相手に対するマナーだと思うのが良いでしょう。汚らしい格好をしていたり、ホテルに行くのにラフな格好(場違い)をする人と一緒に歩きたいと思う人はいません。見た目を良くするという事は、相手を大切にしているという意思表示でもあるという事です。誰しもが見た目が悪い人と一緒に歩きたいと思わないものです。
 
最初に外見を自分が高められる極限まで磨いてみると、周囲の対応も変化してくる事が多いです。
 
カテゴリー: 

関連記事