パリ旅行で絶対に訪問したい観光地の『リュクサンブール公園』を楽しむ方法

スポンサードリンク

パリ観光で絶対に欠かす事が出来ない場所がパリの中心部にあるリュクサンブール公園です。

リュクサンブール公園は、元老院の庭園ではありますがが、一般に公開されており、パリ市民の憩いの場の一つとなっているほか、観光名所にもなっています。パリ市内では、ラ・ヴィレット公園(55ヘクタール)・テュイルリー庭園(25.5ヘクタール)・ビュット・ショーモン公園(25ヘクタール)等に次ぐ最大級の公園とされていて、非常に広大な敷地を歩き回る事ができます。
リュクサンブール公園
(写真:Wikipadiaより)

リュクサンブール宮殿

庭園から望むリュクサンブール宮殿があります。このリュクサンブール宮殿は、フランス元老院(上院)の議事堂として使用されていて、その周囲がリュクサンブール公園となっています。第二次世界大戦中は、ドイツ占領軍の空軍司令部が置かれていました。

フランス革命の時には、当時の主であったプロヴァンス伯(後のルイ18世)が亡命したので、国家に摂取され、監獄として使用されたり、末期の総裁政府の官邸となったりしました。

リュクサンブール宮殿

この公園は、観光客が非常に多い場所として知られていて、常に非常に多くの観光客で賑わっています。観光客が少なめのシーズンオフの冬場に行ってみると、寒いですが人が少なくて楽しめます。

パリのホテルをAgodaで激安予約!

カテゴリー: 

関連記事