LCC(格安航空会社)を使う時に絶対に持っておきたいプライオリティパス

スポンサードリンク

LCC(格安航空会社)は、日本にも普及して、気軽に旅客機に乗れるようになりました。

バニラエアであれば、香港に旅行が片道8680円(燃料費込み)なので、往復しても18000円で香港旅行を楽しむことができます。宿泊するホテルを1泊5000円で2泊したとしても、28000円で香港旅行が楽しめてしまうので、国内旅行と同じぐらい気軽に旅行に行ける事は間違いありません。

ここでプライオリティパスを持っていると、香港国際空港の到着時に1回食事できて、香港国際空港の出発時に1回食事ができるので、合計で2000円~5000円ぐらいの食事・飲み物をプライオリティパスを使って楽しむことが出来るのです。プライオリティ・パスのラウンジ利用は、どんな航空券であってもOKとなっているので、LCCと特に相性が良いのです。

楽天プレミアムカードに加入すると、プライオリティパスが付いてくる!

バニラエアで1万円以下で香港に行ける!


香港までは、4時間のフライトであり、狭い座席のLCCでも我慢できる時間です。また、LCCで食事などが有料になるので、香港に到着してからプライオリティ・パスを使ってラウンジで食事するというのは、とても便利な方法になります。香港エクスプレスが就航した事もあって、日本-香港の価格競争が激しくなっています。

到着後に入れるラウンジがある

香港国際空港には、到着後に入れるPLAZA PREMIUM LOUNGE(プラザ・プレミアム・ラウンジ)が第二ターミナルにあります。このラウンジは、非常に充実していて、食べ物の提供もあります。プライオリティパスを持っていたら、香港に到着したらこのプラザ・プレミアムラウンジに直行するのが良いでしょう。

楽天プレミアムカードを持っているだけで、プライオリティ・パスが付いてくるので、そのプライオリティ・パスを使って世界中のラウンジが無料で楽しめるのです。1年に1回でも海外旅行に行く人にとってみると、欠かせないサービスと言えるでしょう。

香港国際空港のトラベラーズラウンジ

楽天カードに付与されるプライオリティパス

楽天プレミアムカードを持つと、ラウンジが年に何回でも無料で使える最上位の「プレステージ会員」が与えられます。楽天プレミアムカードの年会費10,800円を払っても、3万円以上お得になっているんです。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードに付帯(おまけで付いてくる)無料のプライオリティパスを使うと、国内・海外空港ラウンジの利用に加え、海外トラベルデスクと各種保険でさらなる快適さと安心をサポート。もちろん楽天市場もポイントアップです。

楽天プレミアムカードに加入して、LCCでラウンジを利用しながら旅行を楽しもう!

成田空港でホテルを利用

旅行をする時には、成田空港の周辺ホテルで1泊するなど、余裕を持ったプランを考えるのが良いでしょう。楽天トラベルで空港に近いホテルを予約して、1泊してから出発するとスムーズです。

成田空港に行くには、東京駅から出ている1000円バスを利用して、そこからホテルに1泊宿泊するというプランがオススメです。成田空港の近くのホテルでは、朝食・プールが付いて1泊5000円ぐらいで出されている激安ホテルもあるので、事前に良く調べて予約すると良いでしょう。

カテゴリー: 

関連記事