ロッテシティホテル錦糸町の立地と価格のバランスが良い感じ

スポンサードリンク

ロッテシティホテル錦糸町は、中央線沿いの錦糸町駅すぐ傍にあってアクセスが良いばかりではなくて、すぐ近くに公園(錦糸公演)があるというところも立地条件の良さを感じさせます。1部屋当たりの価格帯となっていて、1人で宿泊する平均1万1000円ほど、2人で宿泊しても1万2000円ほどなので、複数人で宿泊する時に特に便利です。

総武本線2駅で東京駅に行けるアクセスの良さ、新宿までも20分ほどでアクセスできてしまいます。更に半蔵門線が通っているので、渋谷までダイレクト30分で行けるという魅力もあり、どこに行くにもアクセスが非常に便利な立地と言えるでしょう。金融街である日本橋・兜町にも近いですし、浅草などにアクセスするのも10分でアクセスする事ができます。どこに行くにもアクセスの良いホテルで、ビジネス・レジャーの両方で利用の範囲が広いホテルと言えるでしょう。

朝食が非常に好評なホテルであり、朝食で和洋食のしっかりとしたブッフェが提供されています。

錦糸町の周辺ホテルと言えば、東武ホテルレバント東京が駅前にあってアクセスも便利で、こちらも大変に良いホテルです。ロッテシティホテル錦糸町に比べると、値段が1.5倍ほどになりますが、レストランのランチブッフェなどが種類が豊富です。1階ラウンジ「クリスタルムーブメント」は、シティホテルらしさがあって、待ち合わせする場所としても最適です。上品さとホテルらしさを求めるのであれば、こちらのホテルを利用するのも良いでしょう。
 

カテゴリー: 

関連記事