タバコを今すぐやめる方法!実は健康被害だらけで病気になりやすくなる煙草の恐怖

スポンサードリンク

タバコの喫煙は、百害あって一利なしと言われています。喫煙者の多くは、やめたいと思っていても、タバコをなかなかやめる事が出来ません。ニコチンの依存度は非常に高いので、一度ニコチンを吸う習慣が身についてしまうと、簡単にタバコをやめる事が出来ないのです。このページでは、タバコを何とかやめる方法を諸愉快します。

タバコの健康への害を勉強する

タバコを継続して吸い続けると、10年から20年ほどで肺は真っ黒に変色します。体の内部で起こっている事なので、外部からは見えづらいかもしれませんが、体は大きな影響を受けているのです。肺がこのような状況になるので、タバコの喫煙者は、肺に関する病気になりやすくなります。

例えば、肺癌、肺気腫など肺にとっての危険のほかに、動脈硬化を促進して心臓や脳にとっても危険です。口の中にゴミがたまり易くなり、歯周病、虫歯のリスクが高まります。タバコで食欲がなくなり、食事の量が減少するので健康状態が悪化します。

左が吸わない人の肺、右がタバコを吸い続けた人の肺
肺

自分の家族、周りの人の健康を考える

自宅で喫煙した場合には、喫煙者が家族の健康に及ぼす影響も甚大であるとされています。喫煙者と同じ生活環境、職場などに居ることによって、自分ではタバコを吸わない人でもタバコを吸う人と同じ肺の状態になってしまうという事です。特に子供に対する健康被害は甚大ですので、子供が居る場合には絶対に禁煙すべきでしょう。

タバコのコストを考える

1日300円のタバコ10本(1箱の半分)を1年間吸った場合に54750円、5年で約273750円、10年で547500円、20年で100万円以上の出費となります。1日に300円のタバコ20本(1箱)吸った場合には、1年で109500円、5年で547500円、10年で100万円以上の出費となります。また、タバコを吸う人は吸わない人に比べて病気になりやすくなるので、保険料や医療費が余計にかかると言われています。

禁煙外来で医者から禁煙の治療を受ける

喫煙というのは、自分1人で取り組んでやめられるほど簡単な事ではありません。病院に行って、医者の専門的な治療を受ける事によって、禁煙に成功する可能性が高まります。喫煙がやめられないのは、ニコチン依存の為ですので、それを治療する目的に少量のニコチンを含んだニコチンパッチ(皮膚に貼るタイプ)、ニコチンガムなどの処方も受けられます。また、保険適用となる場合も多いので、近くの病院に問い合わせてみましょう。

タバコをやめるなら早い方がいい

タバコは、吸いずつけると依存度が増してやめる事が難しくなります。最近では、タバコに対する世間の目が厳しさを増して、喫煙者への風当たりは強まっています。タバコの料金は年々値上げされていますし、職場においても喫煙が難しい職場が増えています。自分の健康の事を考えても、タバコは早めにやめるのが良いと言えるでしょう。

おわりに

タバコは、健康に害である事は医学的にも既に証明されており、自分と周囲の人の健康を害する事になります。タバコを自分1人でやめられないようであれば、病院の禁煙外来を調べるなどして、病院にかかって、しっかりとタバコをやめられるように医師に指導して貰いましょう。
 

カテゴリー: 

関連記事